2020.10.19

LINEの返事がスタンプだけの男性心理は?脈あり?脈なし?

LINEの返事がスタンプだけの男性心理には、どんなものがあるのでしょうか。

好きな人とラインをしているとき、その返事がスタンプだけだとしたら……相手は自分のことをどう思っているんだろうと気になりますよね。

返事がスタンプだけだった場合、脈あり脈なしどちらなのでしょうか。

結論からいってしまうと、相手の男性の性格や考え方などによって異なるので、脈ありのこともあれば脈なしのこともあります。

では、どんなときには脈ありで、どんなときには脈なしなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。
LINEの返事がスタンプだけのときの男性心理には、以下のようなものがあります。

  • 返事をするのが面倒くさい、早くラインを終わらせたい
  • 明るい雰囲気にしたい
  • 新しいスタンプを見せたい、自慢したい

このうち、どの心理が当てはまるのか?は、相手の男性の性格によって変わります。

好きな人が元々LINEをするのが好きなのか、それともそうではないのかは、普段の様子を見ていれば分かると思います。

男性は、LINEを用事があるときの連絡ツールと捉えていることが多く、その場合は用事が終わればLINEも終わらせたいと思っている可能性大です。

このケースで返事がスタンプだけの場合は、「終わりにしたい」という合図だといえるでしょう。

このタイプの男性は、普段のLINEでスタンプを多用することはほとんどなく、スタンプを送るのは用事が済んだとき、すなわちラインを終わりにしたいときのみなので、比較的分かりやすいはずです。

また、楽しくLINEをしたい、スタンプを自慢したいと考えている男性は、普段のLINEでもスタンプをたくさん使う傾向があります。

いつも使うスタンプが違う場合はとくに、新しく買ったスタンプを自慢したいのかもしれませんね。

では、結局のところLINEの返事がスタンプだけのときは、脈あり脈なしどちらなのでしょうか。

先ほどお話しした男性心理のうち、「面倒」「早く終わらせたい」という心理でのスタンプのみの場合は、現時点では脈なしといえます。

あまりLINEが得意ではなくても、好きな人や好意のある人とのLINEであれば、面倒だとは思いません。

逆に、楽しくしたい気持ちやスタンプを自慢したい気持ちが強い場合は、脈あり脈なしどちらの可能性もあります。

普段のLINEの内容が自分の話のみであるときは、脈なし。

あなたに質問をしたり、気遣ったりする内容であるときは脈ありの可能性も高いでしょう。

普段から、しっかりと好きな人とのLINEを観察しておくことをおすすめします。
LINEの返事がスタンプだけのときの男性心理や、脈あり脈なしについてお話ししました。

LINEの返事がスタンプだけ、という情報のみで、脈あり脈なしを見極めるのは難しいといわざるを得ません。

脈ありかどうかを見極めるには、返事がスタンプだけという情報だけでなく、内容や頻度などほかの情報も合わせて見ていきましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事