2020.10.20

彼とケンカしたあとのおすすめ仲直り方法とは?

彼とケンカしてしまったあとは、なんだかギクシャクしてうまく仲直りできない、という方も多いのではないでしょうか。謝っても何となく空気が重いときは憂鬱ですよね。
しかしカップル間のケンカは、ふたりの距離を縮めてくれる場合もあります。
今回は、彼とケンカしたあとに仲直りするためのおすすめの方法をご紹介します。
ケンカしたあとは、しばらくの間その雰囲気を引きずってしまうカップルもいますよね。
でもいつまでも怒っていては「この子と付き合うの疲れるな……」と思われてしまうかもしれません。
ケンカが終わったあとは普段通りのあなたに戻りましょう。いつものあなたに戻ることで、彼も「もう怒ってないんだ」とホッとしますし、仲直りしやすくなりますよ。
ケンカが終わっても気持ちがモヤモヤしてしまう場合は、彼と仲直りするためにも自分の気持ちを素直に話してみましょう。
この時のポイントは決して感情的にならないこと。泣いたり怒ったりしなければ、彼も冷静でいられて受け止めやすくなります。「私はあなたにこうされて悲しかったし苦しかった」など自分の気持ちを言うことで、彼に罪悪感が生まれ「もうしないでおこう」と思わせる効果も。
彼に嫌なことをされてケンカになったときは、今後しないように約束してもらうことも仲直りするうえで大切です。もうしないことを約束してもらえれば、彼を信じようと思えますよね。約束はケンカしたあとすぐにしてもらいましょう。
とくに男性は過去を蒸し返されるのを嫌がります。なのであなたも「今日これについて話したらもう今後言わない」と約束することで、彼とその問題について話し合いやすくなりますよ。
あなたが原因でケンカしてしまった場合は、彼の好物をつくってあげたり、彼がしてほしいと言っていたことをしてあげるのも、仲直りに効果的です。謝罪の気持ちを伝えられて、彼に歩み寄っている気持ちを分かってもらえれば仲直りしやすいですよね。
でもあなたが悪くないのに一方的に彼の要求を聞くのは、彼が反省するどころかまた繰り返す危険性もあるので注意が必要です。
彼氏とケンカしてしまうと、早く仲直りして元に戻りたいと感じるもの。でもあなたが悪くないのにすぐに謝ってその場をおさめるのはちょっと待って。
ケンカはお互いの考え方を分かり合うのに必要なことだったりもします。彼が怒っているのが嫌だからとその場しのぎで仲直りするのではなく、ふたりの今後をもっと良くするための機会にできたら、ケンカするのも意味があるのかもしれません。

(ハウコレ編集部)

関連記事