2020.10.20

仕事ばかりの彼氏の心理と上手く付き合っていく方法

仕事に一生懸命な彼氏。

付き合う前は仕事熱心でカッコよく見えても、付き合ってからも仕事最優先だと彼女としてはやっぱり寂しいですよね。

「もしかして、私のこと好きじゃないの?」という不安から別れを考えてしまうことも……。

彼女よりも仕事を優先してしまう彼氏の心理を理解して、上手に付き合っていく方法について見ていきましょう。
付き合ってからも仕事を優先させてしまう彼氏は、彼女から見ると放っておかれているようで、愛情が感じられないかもしれません。

まずは、「彼女よりも仕事!」という男性の本音について深掘りしていきましょう。

「仕事=誠意」だと思っている

ある程度長く付き合っている彼氏が仕事第一なら、「仕事を熱心にこなすことで彼女に誠意を見せている」つもりなのかもしれません。

結婚するとなるとまとまった資金が必要になるため、仕事を増やすことで資金を確保している可能性も考えられます。

あるいは、仕事をバリバリこなしている姿を彼女に見せることで、「結婚した後も君を支えていくよ」というメッセージを送っているつもりなのかもしれません。

いずれにしても、彼女が寂しさを感じている以上、気持ちがすれ違っているわけですから、ゆっくり話し合う時間を作ったほうがいいタイミングではあります。
男性も30代から40代になると社会的地位が高くなり、仕事でも重要なポジションをまかされるようになります。

そうなるとどうしても彼女との時間が少なくなり、寂しく感じられるかもしれませんが、決して彼女のことを忘れたわけではありません。

この時期の彼氏に「会いたい」とおねだりしても追い詰められてしまいますので、彼氏から「いまは仕事で忙しい」と言われたら素直に受け取り、待ってあげるのも愛情のひとつです。
仕事ばかりでなかなか振り向いてくれない彼氏に寂しい気持ちをわかってもらうには、どのようなアプローチが効果的なのでしょうか。

素直に気持ちを伝える

仕事優先の彼氏を振り向かせたいのなら、素直に気持ちを伝えてみましょう。

「寂しい」という気持ちをストレートに伝えることで彼氏のほうも彼女の本音がわかり、距離感を見直すきっかけになります。
仕事が忙しい彼氏の場合、彼女から会いたいとい言われるほどプレッシャーに感じてしまうものです。

彼氏が忙しい時期には、とにかく待ってあげましょう。待ってあげることで彼のほうも安心して、将来のビジョンについて落ち着いて考えられるようになります。
仕事ばかりの彼氏だからといって、彼女をどうでもいいと思っているわけではありません。むしろ、仕事をバリバリこなすことで彼女に誠意をアピールしている可能性もあり、一種の愛情表現と捉えることもできます。

会いたくて仕方がないときは素直に気持ちを伝えて、彼の気持ちを確かめながら距離感を保っていきましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事