2020.10.20

年下の彼氏を傷つけてしまうNGワード

年の差カップルの場合、何気ないひと言がケンカの理由になったり、彼氏を不用意に傷つける原因になったりします。

まだ経験の浅い年下男子は、年上の彼女のさりげないひと言にも敏感に反応してしまうもの。

年下彼氏に言ってはいけないNGワードを御紹介します!
年下彼氏は、年上の女性が思っている以上に繊細で、傷つきやすいものです。

年上女性がついつい言ってしまいがちな、年下彼氏を傷つけるNGワードについて見ていきましょう。
若いうちは自分を認めてもらいたくて一生懸命です。

とくに、年上の女性と付き合うような男性は自分を大きく見せたい心理が強く、背伸びをしてでも彼女と対等になりたいと思っています。

そんな彼に対して「年下なのに」、「年下のくせに」と言うのは繊細な内面に土足で踏み込むようなもので、プライドを傷つけてしまいます。

「年下なのによく知ってるね」。軽いほめ言葉のつもりでも、彼氏にとっては年下であることを意識させられるセリフとなり、気持ちが一気に冷めてしまいます。
姐御肌タイプの女性がついつい言ってしまうNGワードです。

女性のほうが経験豊富なので、どうしてもいろんな場面で先まわりして考えて、彼氏が少しでももたついていると母親気分で手を出したくなってしまうもの。

ただ、年下彼氏にもプライドがあり、年齢に関係なく、「俺が守ってあげたい」と思っていたりします。

極度のマザコン男子ならともかく、母親気分であれこれと手を出してしまうのはよくないということをおさえておきましょう。
ある程度年齢差の離れた彼氏に対してついつい言ってしまう自虐ネタ。

たとえばカラオケデートで、「最近の曲はほとんどわからないのよね。私、おばさんだから」と自虐を一発。

空気をなごませるつもりかもしれませんが、ふたりきりのデートでこんな自虐ネタを聞かされても彼氏としては返事に困ってしまい、その場がしらけてしまいます。

自虐ネタを言えば言うほど見た目の印象もどんどん老けていきますので、年下彼氏の前では自虐ネタを封印したほうが無難でしょう。
恋愛に年齢は関係ない……。それは、付き合ってからも同じです。

年下彼氏の繊細な内面を察しつつ、プライドを傷つけない、ということを最優先に考えればNGワードも自然とわかってくるのではないでしょうか。

(ハウコレ編集部)

関連記事