2020.10.22

付き合ってからどう段階ふむの?ハグキスLINE頻度などカップルの説明書

付き合ってからカップルがすることには、ハグ、キス、エッチなどいろいろなスキンシップがありますが「どう順序を踏めばいいの?」と不安に思う人も多いようです。

また、連絡の頻度はどうすればいいのか、デートはどこに行けばいいのかなど、次々と疑問に思うことが出てきます。

そこで今回は、付き合ってからハグ、キス、エッチまでの期間や段階の踏み方、連絡頻度、おすすめのデートスポットについて徹底レクチャーします!

好きな人と両想いになって、告白を経て、晴れてお付き合いすることに。でも、初めての恋愛だと「連絡の頻度は毎日?」「キスやハグはすぐにするもの?」など、わからないことばかりで不安ですよね。

また「ハグ、キス、エッチなど、付き合ってからすることはなんとなく知っているけれど、順序までは知らない」という女子もいるかもしれません。

このように、付き合ってから「どう段階を踏んでいけばいいの?」と、恋愛の進め方に悩む女子って意外と多いんです。

せっかく好きな人と付き合えたのだから、思う存分恋愛を楽しみたいですよね。
この機会に、付き合ってからの段階やスキンシップの順序について予習しておきましょう!
付き合ってからは、毎日連絡を取り合って、お互いにその日あったことを伝え合うカップルも多いですよね。でも、ひとつ気になることがあります。

付き合ってからって、自分からLINEを送っても大丈夫なのでしょうか?
交際がスタートする前はいつも彼から連絡が来ていたという女性であれば、付き合ってから急に自分からLINEを送ると不自然なのでは……と心配になる女性もいるみたいです。

まずは、お付き合いに欠かせないLINEについて、詳しく見ていきましょう。

たまには自分からが理想


結論から言うと、自分からLINEを送っても問題ありません。ただ、彼から毎日ラインが送られてきて、あなたから送ることはほとんどないという場合、彼は寂しがっているかも。
このようなケースであれば、たまには自分からLINEを送ってみましょう。

男性としても、女性側からLINEが送られてくることを迷惑がる人はあまりいませんし、むしろ、好きな人や恋人からLINEが来ることを楽しみにしている男性も多いようです。

彼からの連絡待ちで受け身になるのではなく、たまには自分からもLINEを送るというのが理想です!

付き合う前より頻度が減る男性が多い

ちなみに、男性の多くは、付き合うと自分からLINEを送ることは少なくなるようです。付き合う前は1日に何回もラインが来ていたのに、付き合ってから何日かたつと、ラインが1日1回になり、何ヶ月かすると2、3日に1回になってしまった……なんてカップルが増えます。

そもそも、男性にとってLINEは《愛情表現のツール》ではなく、《ただの連絡手段》なんです。だから、付き合ってからは、用事もないのにLINEを送ることがめんどくさくなって、連絡頻度が減ってしまうんですね。

ただ、単にめんどくさいだけで彼女のことが嫌いになったわけではありません。付き合っているんですから、寂しいときや用事があるときは、自分からラインを送っても大丈夫ですよ。
次に気になるのが、付き合ってからの電話の頻度。ただ、残念ながら、付き合ってからはLINEと同じく、電話の回数も減ってしまうカップルが多くなっています。

付き合ってから電話をする頻度は、付き合い始めの段階だと、毎日もしくは2~3日に1回が多数派。
交際が長くなるにつれて回数は減り、半年を過ぎたあたりで、1週間に1回程度のペースまで落ちてしまうカップルが増えます。

社会人同士のカップルだと「お互い忙しいから連絡はすべてLINEで済ませ、電話はまったくしない」なんてケースも。
特に男性は、付き合う上で、女性ほど電話を重要視しない傾向があります。

でも、付き合ってからだんだん電話が減ってしまうのはちょっと寂しいですよね。なにかいい対策方法はないのでしょうか?

たまには声がききたいと伝える


寂しいときは、素直にその気持ちを伝えるのがベター。電話したいときは「たまには声が聞きたいな」と、彼に言ってみましょう。

「どうしたの?」と聞かれて「なんとなく電話しただけ」と伝えるよりも「声が聞きたかったから」と言う方が、彼もうれしく思ってくれるはずです。

彼が忙しい時間帯だと電話に出てもらえない可能性もあるので、学校や仕事終わりの時間帯か、寝る前がベスト。寝る前は気持ちもリラックスしている状態なので、ゆっくり電話できておすすめですよ。

電話の義務化は女性は安心だけど男性は重いかも

いくら彼の声を聞きたいからといって、電話を義務化するのはNG。「毎日電話してね」「どうして今日は電話してくれなかったの」なんて電話を強要すると、重たいと思われて、愛が冷めてしまうかもしれません。

付き合ってから何ヶ月かすると、ある程度電話の頻度が減るのは仕方ないこと、と割り切っておくことも大切です。

彼氏がもともと頻繁に連絡してくるタイプでなければ「今日は電話しても大丈夫かな?」と事前に聞いてから電話を掛け、通話時間は短めにしましょう。

「まだ話し足りないな」というぐらいの方が、次に電話するのが楽しみになり、会話も盛り上がりやすくなります。

付き合ってからのカップルの連絡は、《これぐらいの頻度が正解》と一概に決められません。ただ、LINEや電話を相手から強要されるとストレスになり、連絡そのものが苦痛になってしまいます。

ですので、付き合ってからの連絡頻度は、お互いが苦痛にならない程度がベスト!連絡が義務にならないよう、お互いが「したい」と思えるペースを保つのが理想です。

「彼は電話するのが好きなのかな?」「実際、どれぐらいの頻度で連絡したらいいんだろう」と心配な人は、一度ふたりで話し合ってみてはいかがでしょうか?
付き合ってからのカップルのスキンシップといえば、ハグ、キス、エッチなどがありますが、付き合いたての段階だと、彼に触れることすらドキドキ。

「いつハグしたらいいの?」とタイミングがうまくつかめず、悩んでいる女子も多いはず!

ここでは、付き合ってからハグをするまでの期間や、男性が喜ぶハグの仕方をレクチャーします。

即してOK毎回してもOK


ハグは、付き合ってからすぐにしてOK。彼が嫌がらないのであれば、デートの度に毎回ハグするのもおすすめです。
スキンシップが多いほど親密度が増して、よりラブラブになれますよ。デートの別れ際に「今日は楽しかったよ」とハグすれば、彼も喜ぶこと間違いなし!

キスやエッチよりもソフトなスキンシップなので、付き合いたてのカップルは、まずハグをするところから始めてみましょう。

「ぎゅーっとしていい?」と可愛く甘えて

付き合ってからハグをするタイミングがつかめないときは、かわいく甘えてみるのもおすすめ。「ぎゅーっとしてもいい?」と彼に聞いて、そのまま彼にひっついてみましょう。

コツは、彼の目を見ながら聞くこと。上目遣いなら、さらにGOODです。
大好きな彼女に見つめられながら、こんな風にかわいく甘えられたら、ドキドキしてしまいますよね。いい雰囲気になって、ハグした流れでそのままキス……なんてパターンもあるかも。

人前で、が苦手な彼の場合は二人きりの時に

彼が恥ずかしがり屋さんなら、人前でハグをしても避けられてしまう可能性があります。そうならないように、付き合ってからの初めてのハグは、ふたりきりのシチュエーションでするのがおすすめ。

たとえば、おうちデートなら、誰も見ていないので、ハグのハードルも低め。外でデートをするときでも、人通りが少なく、人目がない場所を選びましょう。

「いきなりハグをするのはちょっと……」という人は、さりげなく彼の肩や腕に触れてみて。体に触れることで、男性は次の段階であるハグやキスへのイメージが湧きやすくなりますよ。
付き合ってからのスキンシップの順序は、ハグをしてからキスに進むのが一般的。実際のところ、世の中のカップルは、付き合ってからどれぐらいの期間でキスをしているのでしょうか?

また、大好きな彼との初キスは、ずっと思い出に残る大事なもの。理想のタイミングについても知っておきたいところです。

ここでは、付き合ってからキスまでの理想の期間や、初キスのタイミングについて詳しく解説します!

付き合う前も直後もあり


「キスは付き合ってから」という考えの人もいるかもしれませんが、実際は、付き合う前にキスする男女も結構います。すでに両想いなことがわかっている状態であれば、キスをしてそのままの流れで付き合う、というパターンも少なくありません。

また、付き合ってからキスまでの期間は、付き合った直後が一番多く、初デートでキスしたカップルが半数以上を占めています。

ただし、初めての恋人だと、「付き合った直後にキスは早すぎる」と感じている女性も多いようです。付き合った直後の初デート、もしくは心の準備が整う2、3回目のデートあたりが、付き合ってからキスのまでの理想の期間といえるでしょう。

見つめ合って誘い受けよう

理想のキスのタイミングは、ふたりの目が合ったとき。とはいっても、デート中に目が合うタイミングは何度もありますから、そのたびにドキドキしていては心臓がもちません。チラッと目が合ったときではなく、何秒か目が合って、そのまま沈黙が続いたときがキスのベストタイミングです!

カップルがよくキスをする場所としては、夜の公園や、車の中、自宅などが挙げられます。つまり、《まわりに誰もいないとき》《暗い場所》《デートの別れ際》が、気分が盛り上がりやすく、キスに持ち込みやすいシチュエーションということです。

この3つの条件が揃ったときに、ふたりが見つめあったら、それは彼からのキスのお誘い。心の準備ができていたら、そのまま彼のお誘いを受けてキスしちゃいましょう。
付き合ってからハグやキスも済ませたし、もう安心……と言いたいところですが、もうひとつ大事なイベントがあります!それは、彼との初エッチ。

一般的には、付き合ってからどれぐらいの期間でエッチするものなのでしょうか?エッチのことは、恥ずかしくてなかなか人に聞けない女子も多いでしょう。

というわけで、恋人とエッチをしたことがある女性たちに、経験談を聞いてみました。ここでは、付き合ってからエッチまでの期間について詳しく解説します。

ふたりの心の準備ができたとき


「私も彼も初めての恋人だったので、すぐにエッチをする流れにはなりませんでした。初エッチまでの期間は、付き合って3ヶ月たってからです。お互い実家に暮らしていたのも、なかなかタイミングがなかった原因だと思います」(18歳/女性/大学生)

今回聞いた中で一番多かったのが、《付き合って3ヶ月以上たってからエッチした》というエピソードでした。

エッチは裸になって男女が触れ合う行為ですから、心の準備ができないと無理という人も多いでしょう。大学生ぐらいの年齢だと、まだ実家に住んでいる人が大多数ですから、付き合ってからやるまでの期間はどうしても長くなりがちです。

付き合ってからエッチの段階に進むまでに何ヶ月かかかっても、特に気にする必要はなさそうですね!

すぐするカップルも

「彼から『付き合おう』と告白され、そのあとすぐにエッチしました。付き合う前だったら断っていたと思いますが、彼のことがずっと好きだったし、告白された後だったのでいいかなと思って」(26歳/女性/公務員)

この女性のように、20~30代の社会人カップルだと、付き合ってからエッチまでの期間は割と短め。特に20代後半~30代は結婚を意識する年代でもあるので、結婚を前提に付き合うカップルが多いのも影響しているみたいです。

3回目のデートでするカップルも

「1回目のデートでハグ、2回目でキスだったので『3回目ぐらいでエッチするのかな』とぼんやり考えていました。実際、3回目のデートは彼の自宅だったので、いい雰囲気になり、そのままエッチしました」(22歳/女性/医療事務)

付き合ってからでも、しっかりと段階を踏んでお付き合いを進めたいという意見も聞かれました。こちらの女性は、ハグ、キス、エッチの順序で、徐々に彼との距離を縮めていったとのことです。

一ヶ月ほど様子を見るカップルも

「彼が本当に私のことを好きなのか不安だったので、1ヶ月待って欲しいと伝えました。彼は早くしたかったようですが、きちんと約束を守ってくれたんです。その誠実な態度を見て安心したので、付き合ってから1ヶ月を過ぎたときにエッチしました」(25歳/女性/アパレル)

キスはできても、エッチとなるとそう簡単にはできない……という女性は少なくありません。エッチには妊娠のリスクもありますから、女性が慎重になるのも当然といえます。
彼との信頼関係を築くために、付き合ってから1ヶ月ほど様子を見てみてもいいかもしれませんね。
クリスマスや誕生日、バレンタインなど、付き合ってからはカップルで楽しめるイベントが満載。でも、付き合ってすぐにこういったイベントがあると「いったいなにをプレゼントしたらいいの?」と悩んでしまいますよね。
まだ付き合い浅いと、相手の好みもよくわからないし、困ってしまいます。

ここでは、付き合ってからすぐにイベントがあったときにおすすめのプレゼントをご紹介します!

重すぎないものをチョイスしよう


まず注意したいのが、重すぎないものをチョイスすること。外でデートしたときに荷物になる重たいものを渡してしまうと、帰るまでずっと持ち歩かないといけなくなります。車で移動しているならまだしも、電車やバスだと、邪魔になってしまいますよね。

プレゼントは、バッグに入る小さめのもので、できるだけ軽いものをチョイスするのがベターです。

キーケース

付き合ってからまだ何ヶ月もたっていないカップルなら、キーケースをプレゼントするのもおすすめ。キーケースないつでも持ち歩けるので、彼も喜んでくれるはず!

シンプルなデザインのものも多く販売されているから、相手の好みがわからなくても選びやすいですよね。学生なら3,000~5,000円、社会人なら5,000~10,000円前後の予算で選ぶと、高価すぎないので彼も受け取りやすいでしょう。

ネクタイ

付き合ってから日が浅い社会人カップルなら、ネクタイをプレゼントするのもおすすめ。ネクタイは日替わりで違うデザインのものを身に着けることが多いので、いくつか持っていると便利。
彼女からプレゼントしてもらったネクタイだと、仕事にも気合いが入りますね!

選び方のポイントは、彼の仕事着の雰囲気に合わせてネクタイの色やデザインを考えること。
たとえば、会社の規則が厳しくていつも黒のスーツを着ている人であれば、紺やブラウンなどのシックなネクタイがベター。

反対に、オフィスカジュアルOKでジャケパンスタイルが多いなら、ちょっと遊び心があるデザインのネクタイをあげると喜ばれるかも。

ブランドものの靴下や下着

彼がファッションに敏感な人だったら、ブランドものの靴下や下着もおすすめ。付き合ってから何ヶ月もたっていないラブラブな時期は、なにをもらってもうれしいものです。

もし彼の好みとちょっと違うものだったとしても「彼女が選んでくれたんだったら着てみようかな」と思う男性も多いでしょう。お値段も比較的安いので、学生カップルにも人気のプレゼントです。

ワインやオシャレなウイスキー

お酒が好きな人であれば、ワインやおしゃれなウイスキーをプレゼントするのはいかがでしょうか?お酒は、アクセサリーなんかと違って飲むとなくなるものなので、気軽に受け取りやすいと人気があります。

また、ペアグラスと一緒にプレゼントして「今度ふたりで一緒に飲もうよ」と伝えてみるのもおすすめ。おうちデートが盛り上がり、きっといい雰囲気になるはずです!
カップルが付き合ってからすることといえば、デート。でも、社会人同士だと毎日忙しく、デートの頻度も少なくなりがち。平日だと、仕事終わりの数時間、週末でも、土日のどちらか1日だけしか会えないというカップルも多いでしょう。

ここでは、社会人カップルにおすすめのデートスポットをご紹介します。限られた時間の中で、できるだけ濃密な時間を過ごすには、どんな場所に行くのがおすすめなのでしょうか?

映画やコンサート


カップルが付き合ってから行く場所の定番といえば、映画やコンサート。最近はカップルシートといって、ふたりで一緒に座れるシートもあります。「人前ではイチャイチャできない」という社会人カップルでも、薄暗い映画館ならいつもより距離が近くなるかも。

上映中は映画やコンサートに集中できるので、途中で会話に困って沈黙になってしまうこともありませんよ。

キャンプや旅館

ふたりで合わせて休みを取れそうなら、キャンプや旅館に行くのもいいでしょう。お泊りデートになるので、付き合ってからの期間が短く、エッチの段階まで進んでいない社会人カップルにもおすすめの場所です。

泊まる旅館を一緒に選んだり、旅行の計画を練ったりなど、出発までふたりでプランを考える楽しさがあるのも、キャンプや旅館デートの醍醐味ですよね。

たまにはドレスコードありのディナー

社会人になると少し金銭的に余裕が出てくる人も多いでしょう。社会人カップルなら、たまにはドレスコードありのレストランで食事を楽しむのもおすすめです。リッチな気分になれて、ふたりの思い出に残ること間違いなし!

付き合ってから1ヶ月記念や、クリスマスなど、特別な日のデートにぴったりです。

居酒屋やラーメン屋

社会人カップルが付き合ってからすることといえば、やっぱり居酒屋デートですよね。忙しい平日でも、居酒屋なら仕事帰りに行くことが可能です。お店を出たあとは、締めにラーメン屋に行けば、男性もお腹いっぱいになれますよ。

また、居酒屋やラーメン屋なら、仕事着でそのまま行けます。おめかしする必要もないので、気軽な気持ちでデートにのぞめますね。

長距離ドライブ旅行

社会人カップルが付き合ってからすることの上位に入ってくるのが、ドライブデート。休日であれば、日帰りの長距離ドライブ旅行に行ってみるのもおすすめです。

車内はふたりきりの空間なので、リラックスした気持ちで会話を楽しめます。運転する彼にドリンクやガムを差し入れするほか「ガソリン代出すよ」と言った気遣いができるとさらによし。
「気遣いができる子だな」と好感度アップにつながって、ふたりの親密度も上がるでしょう。
大好きな人と一緒に過ごしているはずなのに「あれ?なんか違うかも」と、恋人に対して違和感を覚えてしまうことがあります。

もともとな他人同士なわけですから、違和感を覚えること悪いことではありません。でも、モヤモヤしたまま付き合い続けるのはちょっと嫌ですよね。

ここでは、付き合ってから恋人に違和感を覚えたときの適切な対処法をご紹介します。

キスもエッチも待ってもらおう


付き合ってからキスやエッチをしていない段階であれば、少し待ってもらった方がいいでしょう。時間がたてばもっと好きになって、スキンシップにも抵抗がなくなるかもしれません。

彼女のことが本当に好きなら、待ってほしいと言っても「それなら別れよう」とは言わないはずです。
でも「キスやエッチはもう少ししてから」と伝えて急に連絡がこなくなったら、本気の恋愛でなかった可能性も。その違和感は間違っていなかったということです。

避妊なしや苦手なプレイはNOと言おう

体の相性がよくないことで彼に対して違和感を覚えてしまう人もいます。彼が避妊せずにエッチしようとしたり、苦手なプレイを強要してくる場合は、我慢せずにNOと言いましょう。

「断ったら嫌われるかも」と心配になるかもしれませんが、そのまま我慢し続けていても、彼への不満は溜まる一方です。

嫌だなと思ったことはやんわり伝えよう

エッチやキスなどのスキンシップにかかわらず、普段から嫌だと思ったことは、素直に自分の気持ちを伝えることが大切です。ただ、キツイ言い方をするとケンカになってしまうので、やんわり伝えるのがいいでしょう。

「あんまりそういうのは好きじゃないかな」「もっとこうしてくれるとうれしいんだけど」など、相手が気分を害さない言い方を心がけてみてくださいね。

今回は、付き合ってからハグ、キス、エッチまでの期間や順序、段階の踏み方について解説しました。
「これが正解!」という答えはないので、彼の気持ちや要望も聞いて、ふたりのペースで段階を進めていくといいでしょう。

付き合う前って、交際がゴールだと思ってしまいがちです。でも、付き合うこ
とはゴールではなくスタートなので、段階を経て、そこからだんだんとお互いを知っていくことになります。相手を知るうちに違和感を覚えることがあったり、不満な点も出てきたりしますが、それを乗り越えると、素敵な関係を築けるはずですよ!(ひかる/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事