2020.10.21

男性と女性は違う!男女で恋愛感は違うんです!

女性であったら好きでいたら幸せな気持ちであり、他に何も求める必要がないと考えますが、男性はそうではないのです。
付き合っても彼女に求める男性心理について今回はお伝えします。
付き合ってるのだから、どんな状況であれ慣れてしまうのがマンネリ化です。
長い間付き合っていれば、マンネリが起きても致し方ないですし、出来れば避けたいと考えていても難しいのが現状です。

しかし、男性はこのマンネリすら嫌だと感じ付き合ってからもドキドキさせてほしいと女性に思うようです。
もちろん女性だって同じ感情ですし、男性ばかりではないですが難しいのがドキドキさせる方法です。

当たり前ながらこのドキドキを与える方法は人それぞれ違いますから彼に今以上に好きになってもらえるようにドキドキさせる方法を考えなければならないです。
付き合ってから女性らしくなくなった、おしゃれをしなくなったなど安心感を与えることができるのは付き合ったからですが、それと同時に女性らしさを忘れてしまい気づけば部屋着やジャージで過ごすことが多くなってしまう人もいます。

付き合った当初は、スッピンを拒み初々しかった彼女も今は化粧をしている方が珍しいという方もいるのです。
好きな相手にはいつまでも綺麗で、好きになった時のままでいてほしいと願うものです。

いつまでも彼に女性として見られていくためにも、決して努力は忘れてはいけないのです。
付き合っているのだから、彼だけの彼女であって当たり前なのですが、中には付き合っているのに何で男と連絡とるの?と、相手が男友達というだけで不満がある束縛気質な彼もいます。
そんな彼は、彼女なんだから自分だけで良いという感情があるからです。

彼に安心感を与えることが、この問題をクリアする方法なのですが、束縛気質の男性はなかなか納得してもらえない為、大変な作業かもしれないです。
付き合いたての大好きという気持ちをずっと持ち続けていきたいと考える男性ですが、もちろんそのままで好きではなくなる時がくるの?と女性は疑問になるはずです。

しかし、そうではなく時が経つにつれて慣れがあり、一緒にいるのが当たり前で好きという感情がありながらも、まるで家族のような関係に変化するのです。

彼の好きな気持ちというのは、恋人としてであり家族のとしてではないです。
彼の願いを叶えさせてあげようと考えると、方法は女性の努力しかないようです。
大好きな彼にずっと女として見られたい、勿論女性からすると好きでいて欲しいと思います。
しかし、人の気持ちは慣れが生じてしまいがちです。
そうならない為にも、自分のための努力は必要不可欠のようです。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事