2020.10.21

甘えすぎる女性は面倒くさい?男性が甘えて欲しくないと考える瞬間は?

甘えん坊の女性と言えば、可愛いイメージがあるかと思いますが実は男性皆がずっと甘えていて欲しいとは考えていない様です。

甘えてもいい時とそうではない時が存在し、男性のタイミングに問題があるようです。
もしかしたら、自分自身と照らし合わせる事で自分もしてしまっている事もあるかもしれないです。
仕事で体が疲れている時に女性に甘えられるといくら大好きな彼女であれ、疲れてるのに面倒臭いという感情になりかねないです。
もちろん、彼女に疲れてるからごめんねと素直に告げられる人なら良いのですが、世の中ストレートに伝えられる人ばかりではないのです。

本音を言えば疲れていると告げたいのになかなか口に出していうことができない男性や、はたまた女性に告げることで嫌われてると誤解するかもしれないと考え、言えないこともあるのです。
はっきり物事を告げることができる人ばかりではないということを理解するべきです。

彼の様子を見て、今日は疲れているかな?と思った時は甘える側ではなく、甘えさせてあげる側にまわることで彼との距離がギュッと縮まるのです。
何かに集中し、没頭している時に彼女に甘えられても正直、なにをしているか考えてほしい、めんどくさいと思われても仕方ないです。
今自分の時間を楽しんでいる、あるいは手が離せない状況なのになぜわからないのだろうと空気が読めないと誤解されます。

男性は、自分の世界に入っている時に誰にも邪魔されたくないと考えますので、彼が集中している時には決して邪魔をせず、見守ることが大切です。
彼もあなたをないがしろにしているわけではないですが、あなたとの時間と自分との時間はまた別のものなのです。
今忙しいとバタバタしている時甘えられたら、空気が読めない女性と思われてしまい、面倒くさいという感情を超えてしまいます。
彼女との約束があり、例えば仕事を自宅に持って帰ってきたかもしれませんし、もしかしたら彼女の事を考えとった行動かもしれないのです。

彼がバタバタと忙しいと感じるのであれば、そっとお疲れ様と言葉を添えてコーヒーなどを入れてあげるのが良い彼女の姿といえます。
もちろん、彼はあなたの虜になり今以上の感情を与えることができます。
眠たい目を擦りながら、ベットに入ろうと考えているのにベタベタされたら、男性は眠たいのにという感情が最大に広がります。
眠たいという一言で片付けられるものではなく、もしかしたら明日早いかもしれないですし、体も疲れているかもしれないです。

彼に面倒くさいと思われない為にも、しなければいけないのは彼の様子をきちんと伺い彼の気持ちを優先してあげる事です。
自分の気持ちばかり先に出すとわがままとしか言えないです。
彼に甘えたい感情を持つのは、好きだから当たり前の行為といえますが、男性にもタイミングというものが存在します。
大好きだからいつでも甘えても良いと勝手に判断するのではなく、今彼がなにをしているか?また今甘えたらどう思うかまずは一呼吸置いて相手を優先に考える事で、今まで以上の関係がうまれます。
(ハウコレ編集部)

関連記事