2020.10.21

LINEと電話どちらが好印象?男性が好印象と感じる行動とは?

LINEの機能は様々な方が活用しており、年齢も様々で活用していない人の方が多いぐらいです。

しかし、このLINEは男性にとっては億劫になる点が多いようです。
男性はLINEと電話どちらが好印象なのか、その秘密をお伝えします。
男性は、電話であれば忙しくても用件を簡単に伝えることができるし、気持ちも確認できると電話での話を希望する方が多いです。
電話の良いところは、その場で返事が返ってくるという点です。

LINEですと、なんて返事が返ってくるかわからない、デートの日程などを決める際にダラダラとなりがちになり用件がまとまらないと考える人が多く、女性はLINEが好きという人が多いのですが意外にも男性には不人気のようです。

電話が楽というのであれば、極力迷惑にならない時間であれば電話で用件を告げてあげる方が男性には好印象なのかもしれないです。
電話の良いところは、声を聞けるという点です。
声を聞けるということは、相手の感情が伝わるということにあり、LINEなどの文字では伝わりにくい感情が電話には可能なのです。
もちろん、電話だと隠したい感情もあらわになってしまったりと時と場合によりバレたくない事もお互いあります。

そんな時は、電話ではなくLINEに切り替えるのも良いです。
忙しい彼が相手の場合は特に、電話で話したいけど話せない人もいます。

本来は電話の方が楽であって、声も聞けて良いと感じているものの実際仕事の都合によりこまめに連絡を取ることができないという彼もいます。
彼の現状を考え、電話とLINEをうまいこと使用することがなにより良いと言えます。
LINEを嫌がる男性の理由として、返事をこまめに返さなければいけないというデメリットです。
メールであれば、いつ見ているかわからないためさほど返事を急ぐ必要はありませんが、LINEの場合は既読がつくためいつ見たか一目瞭然なのです。

その為、用件を理解しては返信しての繰り返しで最後はいつなんだろう?とめんどくさく感じるようです。
女性であれば、いつでも彼からのLINEは嬉しいものですが、男性の中には早く返さなければいけないから嫌という感情になるという人も少なくないという事を理解しなければいけないです。

それならば、相手を考え返事を必要のない返事に変えてみる、あるいは返信不要であることを一言添えると彼もLINEが苦痛になりにくいです。
LINEの欠点として、文字であるがゆえに誤解をしてしまったり話がまとまらなかったりという事がおきます。
話がまとまらないというだけで、ついついイライラしてしまうものなのです。

勿論、LINEが全てダメではないのですが用件に分けて活用する事が男性にとってストレスを感じないやりとりの仕方なのです。
いつでも彼にあわせて考える事が、良い彼女や良い女性の条件といえます。
近年、楽なLINEというアプリができほとんどの方が活用しています。
楽だから活用というのはわかりますが、相手にとってこの内容を送るのはどうなのか?と一呼吸置く事が重要といえます。

彼が今忙しいのであれば、労いの言葉をLINEをするのが1番ですし電話は良くないです。

逆に、謝らなければいけないことに対してLINEで済ますのはかなり誤解を招く行為と言えます。
時と場合によって活用する事がなによりもLINEと電話をうまく使った良い女性と言えます。
(ハウコレ編集部)

関連記事