2020.10.22

いつでもおすすめ!東京美術館デート

美術館でデートしたことはありますか。学生の時に勉強の一環で行っていたのに対し、大人になるともっと広い視野で楽しむことができる美術作品。

筆者は通なので1人で行くこともありますが、せっかくなのでデートで楽しむのがおすすめです。ふたりで行くと違う見方もできてより楽しい時間になります。

 
美術館デート、実は季節問わずおすすめできるデートプランです。
まず屋内で楽しむことができるので、芸術の秋だけではなく夏の暑い時期も冬の寒い時期も快適に見ることができます。美術作品はデリケートであるため、常に一定の室内環境が保たれています。そのため、快適な室内で楽しむことができます。

また季節によってさまざまなアーティストのものが開催されているので、それぞれの時期にそれぞれの美術館で作品を楽しめます。
歴史的な絵画展や現代的なアーティストと幅広い分野の内容がありますが、はじめて行く場合には体験型の美術展がおすすめです。

絵画が中心だととても落ち着いた雰囲気で話をするのが難しい場合もありますが、体験型のものを感想が伝えやすかったり表情が見えやすかったりと感想を共有しやすいです。
また写真スポットも多いので、SNS映えは間違いなしです。

そこで、今回はインスタレーションといわれる、展示が多くいろんな角度から見て感じて触って楽しめる展示が多い美術館をご紹介します。
 

森美術館

六本木ヒルズに位置する森タワーの53階にある美術館です。東京メトロ日比谷線から徒歩3分、都営地下鉄大江戸線では徒歩6分と都心の好立地にあります。

都心のため平日は20時近くまでみられることも魅力です。こちらの美術館では体験型の展示が多くされています。タワーをぐるりと囲む空間を大胆に使用した展示が圧倒的です。

以前SNSを沸かせた赤い糸を使用した展示がありましたが、大きな空間の端から端まですさまじい量の毛糸が張ってあり衝撃でした。見て楽しむもよし、お互い写真を撮りあうのもよしです。

東京都現代美術館

おしゃれな下町として知られる清澄白河の街にある建物が素敵な美術館です。東京メトロ半蔵門線清澄白河駅からは徒歩9分、都営地下鉄大江戸線清澄白河駅からは徒歩13分と少し歩きますが、行く価値のある美術館です。

建物がまずかっこよく展示に入るまでの外観、玄関で写真を撮るのもおすすめです。展示内容によりますが、大きな展示だと3フロアぐらいにまたがるものがあり、ぐるぐると歩き回りながら様々な作品をみることができます。

わざと光を当てたり、真っ暗にしたり、閉鎖的な空間があったり異なる空間を使った展示が面白く楽しんでいただけます。人気のブルーボトルコーヒーがある街であるため、帰り道に立ち寄るのもおすすめです。

国立新美術館

東京メトロ乃木坂駅直結の美術館で大きな窓の建物が有名です。1階、2階と展示室がありさまざまな展示が絶えず行われています。

有名でわかりやすい作品やブランドにクローズアップした展示が多く、ファッションが好きな方には特に楽しんでいただけます。あの有名なエルメスが無料で展示を行ったのもこちらの美術館です。

予約制で無料なのにボリュームがすごく話題になりました。展示を回った後には館内に素敵なカフェあるのでそちらで休憩するのもおすすめです。 
美術館は難しいものではありません。体験型のものを一緒に楽しみながら好みの作品や雰囲気を見つけてみましょう。

場所によっては写真NGや飲食NGのところもありますので、美術作品のためにマナーは守りながら彼とのデートを楽しんでみてください。

(ハウコレ編集部)

関連記事