2020.10.22

彼氏に重いと思われずに甘える方法

「彼氏にたくさん甘えたいけど、重いと思われるのが嫌だ」と感じている女性の方は案外、多いかと思われます。できれば重いと思われずに甘えたいと考えるのが一般的でしょう。
実は、彼氏に重いと思われずに甘える方法はいくつかあります。今回の記事で厳選したものをご紹介いたしますので、ぜひ、参考にしていただければ幸いです。
 
まずはさりげなさを演出してみましょう。そして、スキンシップを挟むとよいでしょう。男性側も彼女にスキンシップをされると嬉しいはずです。うざがられない程度にしていきましょう。
甘えるときにはさりげなさを演出すると、彼氏に重いと思わずに済むはずです。あくまでも、思いっきり甘えるというよりは、最初はさりげなく甘えていくことを意識していきましょう。
 
デートなどの別れ際に「もう少し一緒にいたい」と言ってみましょう。彼氏側も喜ぶはずです。彼氏側は忙しくない限り、一緒にいてくれるはずです。
しかし、彼氏側が明らかに急いでいたり、困っている場合はしつこく迫るのはやめておきましょう。あまり空気が読めない甘え方をしていると、重いどころか、さらに悪い印象を植え付けかねないので注意してください。
 
会ってないときも甘える方法があります。それは電話などでコミュニケーションを図ることです。最近では、テレビ通話も快適にできるようになっているので、より相手を身近に感じられるようになりました。
そして、10分という短い時間であれば、相手も承諾してくれやすいでしょう。通話を短い時間に限定することで、お互いの時間を節約した上で、甘えることが可能になってきます。
 
甘えるのを怖がらずストレートに甘えてみましょう。シンプルな方法ですが、これがいちばん気持ちが伝わる場合もあります。うざくない程度に、爽やかで明るい雰囲気を甘えるのがコツです。
しつこくなり過ぎない程度に、明るい雰囲気で甘えれば、彼氏側も喜ぶはずです。男性も甘えられるのを待っていたりするので、適度に甘えるようにして、自分の好意をきちんとアピールしましょう。
 
彼氏側に甘えると、迷惑になるのではないかとか、重いと思われるのではないかと不安になる気持ちも分かります。しかし、きちんとコツを掴んで甘えていけば、彼氏側には負担をかけることはありません。
それには、さりげなさや、爽やかさを演出して、うざくならないくらいに甘えていくのがおすすめです。今回、ご紹介した甘え方を実践して、ぜひ、彼氏に好意を伝えていきましょう。
(ハウコレ編集部)
 
関連キーワード

関連記事