2020.10.22

付き合ってからもずっと敬語で話してくる彼氏への対処法

付き合ってからも彼氏がずっと敬語で話してきて、困っているという人はいませんか?

彼氏が年下であったり、元々会社の先輩後輩という関係であったりすると、そのままの言葉遣いが付き合ってからも継続され、ずっと敬語で話してくるという場合があります。

ふたりきりのときならまだよいですが、街中や友達の前でも彼氏が敬語で話してくるとなると、なんだか嫌ですよね。

友達からも「何で敬語なの?」と聞かれ、困ってしまいます。

できれば普通のカップルのように、彼氏にはため口で話をして欲しいものですが、そのことを伝えても彼氏の敬語がなかなか直らないということも多いです。

では、付き合っているのに敬語で話してくる彼にため口で話してもらうためには、どのような対処法を取ればよいのでしょうか。
彼氏の敬語を改善したいのであれば、あなたが敬語で話されることでどのように感じているかを伝えてみるとよいでしょう。

これまでは「敬語やめない?」とだけしか言っていないのだとしたら、そこに「他人行儀な感じがする」と付け加え、あなたに不満があることを匂わせてみてください。

彼氏は自然な話し方だから、とくに変える必要もないと思っているのかもしれませんが、あなたに不満があるということを知れば、改善のための努力をしてくれるかもしれません。

すぐには彼氏もため口にはできないかもしれませんが、時間をかけて徐々に改善されていくため、まずは彼氏に自分の気持ちを伝えてみてください。
いきなりため口で話して欲しいと言われても、これまで敬語で話していたこともあるため、すぐに変えることは難しいでしょう。

また、気恥ずかしさなどを彼氏が感じることもあります。

そのため、いきなり全ての言葉をため口に変えさせようとするのではなく、まずは小さなことから始めてみましょう。

名前を「〇〇さん」ではなく、呼び捨てで呼ぶことから始めたり、「うん」「わかった」などの簡単な言葉だけをため口にしてもらったりするのです。

このような言葉に慣れていけば、徐々に他の言葉もため口で話せるようになります。そのためまずは「名前だけは呼び捨てで呼んで」と彼氏にお願いしてみましょう。
そもそも彼氏があなたに対して敬語で話をするのは、ふたりの関係に問題があるからかもしれません。

普段彼氏との付き合いの中で、あなたのほうが主導権を取っていたり、彼氏のほうがあなたに甘えてきたりというようなことをしていないでしょうか?

このような関係性だと、女性が上で男性が下の立場、つまりは先輩と後輩のような関係がそのまま男女関係にも反映されているため、彼氏もなかなかため口にはなれないのです。

そのため、いきなりこのようなことをするのは恥ずかしいかもしれませんが、思い切ってあなたが彼氏に甘えてみてください。

いきなり抱きついたり、彼氏を頼ったりして、ふたりの中の上下関係を逆転させていくのです。

そうすることで自然と彼氏がため口で話してくれるようになることもあります。
付き合ってからもずっと彼氏が敬語で話してくると、やはり人目が気になってしまいますよね。

とく気にならないのであればそのままでもよいですが、結婚や子供を持つことを考えれば、やはり早めに言葉を修正しておいたほうが良いです。

少し工夫をすれば簡単に敬語が改善されることもあるため、さまざまな方法を試して、彼氏の敬語を改善していきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事