2020.10.23

好きな人を忘れたほうがいいのは、どんなとき?忘れたほうがいいシチュエーション ベスト3

好きな人を忘れたほうがいいのは、どんなときなのでしょうか。

好きな人を忘れるなんてあり得ない!と思うかもしれませんが、残念ながら好きな人を忘れたほうがいいシチュエーションというのは、あります。

いつまでも好きな人を思い続けていても、あなたが辛くなるだけだとしたら、やはりきっぱりと諦めて次の恋愛にいったほうがいいですよね。

では、どんなときは好きな人を忘れたほうがいいのか、忘れたほうがいいシチュエーション ベスト3をご紹介します。
好きな人を忘れたほうがいいシチュエーション1つ目は、好きな人が既婚者だったというもの。

既婚者ではなくても、彼女がいる、婚約者がいるなどすでにパートナーがいる場合は、好きな人のことは忘れたほうがいいです。

とくに既婚者である場合は、あなたの出る幕はありません。

彼女がいるくらいなら……と思うかもしれませんが、もしも彼女がいる現状であなたのアプローチになびいたとしたら、彼は平気で二股をかけたり、乗り換えたりできる男性だということ。

既婚者であったときはもちろんですが、婚約者や彼女がいるときも、忘れることをおすすめします。
好きな人を忘れたほうがいいシチュエーション2つ目は、好きな人の女性関係が派手だったとき。

特定の彼女はおらず、いつも違う女性を連れている、なんてこともあるでしょう。

また、浮気や二股を悪いと思っていないタイプの男性を好きになってしまった場合は、深入りする前に忘れるのが懸命な判断です。

たとえ親しくなれたとしても、あなたのほかに何人の女性と関係を持っているかわかりません。

浮気や二股も平気でするでしょうし、自分が傷つくだけの男性ならば、忘れたほうがいいに決まっています。
そして3つ目は、家柄など立場が違いすぎる男性を好きになってしまったとき。

昔ほど家柄を重視することは少なくなったような気がしますが、それでもまだ家柄を重視する風習がなくなったわけではありません。

付き合うことはできても、結婚相手は別にいるなんてこともありますし、立場が明らかに違うと金銭感覚や考え方なども違ってくるもの。
将来が見えないと感じたのなら、この先のためにも忘れたほうがいいかもしれません。

いまが楽しければいいというのならかまいませんが、結婚など将来を考えているのであれば、家柄や立場があからさまに違いすぎる相手との交際はよく考えてからにすることをおすすめします。
好きな人を忘れたほうがいいシチュエーションについて、お話ししました。

もちろん恋愛は当人たちの気持ちが最重要ではありますが、あなた自身が幸せになるためには好きな人を忘れたほうがいいときというのも存在するのです。

自分が幸せになるためにはどうすればいいのかを考えてみて、場合によっては好きな人を忘れるという選択肢も必要なのだということを、頭に入れておいてください。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事