2020.10.23

本音を溜め込みすぎ?正しい思いの伝え方

こんにちは!
今回は本音を溜め込みすぎている女性に向けて正しい思いの伝え方という内容で記事を書かせていただきました。

みなさんは本音を溜め込みすぎて疲れてしまったという経験はありませんか?
相手にどのように伝えたら上手く伝えることができるのか分からないと頭を抱えている方は今回の記事をぜひ参考にしてみてください!
まず、相手に思いを素直に伝えるというのはとても重要な内容になっています。
素直に伝えないと違った内容で相手が解釈をしてしまい、違ったところで再度問題になりがちです。

そういった問題が起こらないように素直に何が自分のなかで問題だったのかをしっかりと伝える必要があります。
なので、もしも相手に素直に伝えず違った内容で伝えてしまっているという方は素直に問題を伝えるようにしていきましょう。

また、素直に伝えてもらえないと相手側からしても、どうしてこんなに回りくどいのだろうと思われてしまいます。
めんどくさいと思われてしまうと相手に嫌な気持ちを抱かれてしまうので避けるようにしておきましょう。
また、相手のことも考えて傷つけないようにする努力はするべきです。
素直に伝えるべきと聞いたからという理由で、よく相手のことも考えずに言いまくってしまう方を見かけます。

素直に言うのももちろん大切なのですが相手の気持ちを考えることもとても大切です。
なので、素直に言う前に一度自分の頭でこれを言われたら相手はどう思うだろうかと考えて言うようにしましょう。

そうすることで相手に不快な気持ちをさせずに自分の思いを伝えることができます。

自分の思いを溜め込まずに相手に伝えたいことを伝えるためにはそういった配慮も必要なのでぜひその力を身につけていけるようにしていきましょう!
最後に、溜め込まずにその場で伝えるということを紹介させていただきます。
よく聞くのは溜め込んで後日に言うといったパターンです。

こういった思いの伝え方はときに相手の機嫌を損ねてしまいます。
というのも後日に相手に言われてしまうとなんで今頃そんなことをいってくるの?と思われてしまうからです。

相手にいちばん思いが伝わりやすいのはその場で言うことです。
なので、自分の思いを相手に伝えたいという場合はその場で相手に伝えてあげるようにしましょう。
いかがでしたでしょうか?

どのように自分の思いを伝えることで相手にちゃんと思いを伝えることができるのか把握していただくことはできましたでしょうか?

こういったポイントを押さえておくことで相手の機嫌を損ねることなく思いを伝えることができるかと思います。
なので、このポイントをしっかりと押さえて自分の思いを伝えていきましょう。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事