2020.10.24

「何考えてるのかわからない……。」とよく言われる人の対処法

「何を考えているのかわからない……。」とよく言われる人っていますよね。
 
本人はまったく気にしていなかったことでも、周りから言われることがきっかけで気にして悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。
 
今回は、そんな「何を考えているのかわからない……。」とよく言われる人の対処法について解説をしていきます。
 
悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね。
 
「何を考えているのかわからない……。」と言われる人は、自分の考えを周りに伝えることを意識しましょう。
 
普段なかなか自分が思っていることを言葉にしなかったり、「何でもいいよ」と周りに合わせてしまったりすると、心の中で本当はどのように考えているのかわからないと周りが感じてしまいます。
 
自分の意思はないと思われてしまうことが原因だったりしますので、できるだけ思ったことや考えを伝えるようにしていきましょう。
 
普段から笑顔がないと、周りの人に感情が伝わりにくいこともありますよね。
 
話をしているときも、無表情でいることで話を聞いているのか、元気がないのかわからなくなってしまい、気を遣わせてしまうことにつながります。
 
できるだけ笑顔で話をするように心がけていくことで、コミュニケーションを図っていくことができますし、お互いに気分がいいものになります。
 
一度自分で言ったことに対して行動が伴っていなかったり、ころころ意見を変えたりといった場合、なかなか自分では気づいていなくても周りからは何を考えているのかわからないと思われてしまいます。
 
最後まで貫き通したり、責任を持つように意識していきましょう。
 
あまりにも矛盾していたりすると、あまりいいイメージを持たれなくなってしまいます。
 
自分では気づかないことを周りに指摘されると、どのように改善していけばいいのかわからなくなってしまいますよね。
 
次第に周りからの目が気になるようになり、余計に自分を表現することができなくなってしまったり、コミュニケーションに支障をきたしたりする恐れもあります。
 
一番わかりやすいのは、きちんと思ったことや感じたことなど、どんな些細なことでもいいので言葉にしてみることが大事です。
 
あなたが考えていることや思っていることが周りに伝われば、次第に「何を考えているのかわからない」とは言われなくなります。
 
まずは意識的に自分から変える努力をしていきましょう。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事