2020.10.24

初デートで割り勘にする男性は脈なし?

初デートで食事をした際に、割り勘だったという人も結構いるのではないでしょうか。
女性にしてみれば、おごってもらえるものだと少しは期待してしまうことってありますよね。
 
初デートにもかかわらず、割り勘にされた場合には、脈なしと考えていいのでしょうか。
今回は、初デートで割り勘にする男性について考えてみたいと思います。
 
 
男性の中には、デートとはいえ食事などは割り勘が普通と考えている人も多くいます。
 
端数まで細かく分けることがないとしても、割り勘は対等に付き合っていきたいといった気持ちの表れでもありますし、それが当たり前だと感じているのです。
 
また、初デートで一度おごってしまうと、2回目のデートで割り勘にしにくい状況になってしまうこともありますよね。学生同士だったり、社会人になりたてだったりする場合にも、こうした割り勘が多い傾向にあります。
 
今後もきちんと対等に付き合っていきたいといった気持ちの表れにもなりますので、脈ありと考えてもいいでしょう。
初デートで同い年だった場合には、割り勘と決めている男性もいます。
 
長く付き合っていきたいから、初デートから割り勘を考えていて、誕生日など何か特別なときにはご馳走をするといった考えを持つことがあります。
 
こうした男性は、先のことをしっかりと考えている場合が多いです。
脈ありだからこそ、初デートから見栄を張ることなく、ありのままの自分を見せているのです。
 
初デートとなると、どうしてもいいところを見せたいと思う男性もいるかと思います。
 
しかし、最初から無理をしてしまうと、この先もそのレベルと落とすことができなくなってしまい、デート代が毎回大変なことになってしまうことが予想されます。
 
ですので、最初から無理をせず、割り勘を求めてくる男性もいるでしょう。
ただ、きっちり半分ではなく多少大目に出してくれたりする場合もあります。
 
一回きりのデートではないという気持ちの表れにもなりますので、割り勘だったからと脈なしというわけではないということがわかりますね。
 

最初からおごってもらえると思って初デートをすると、期待にはずれてがっかりした気持ちになってしまいますよね。
 
そして、脈なしなのでは?と不安を感じる人もいるでしょう。
しかし、男性はしっかりと付き合っていきたい気持ちがあるからこそ、割り勘にする場合があることがわかりました。
 
こうした男性の気持ちを知っておくことで、今後も対等にきちんと付き合っていくことができるはずですよ。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事