2020.10.24

こんな言葉が男性は大好き!モテ女子ならではのテクニック

 
男性と女性とでは本能が違うため、男性が嬉しい言葉と女子が思っている言葉とは違います。そこで男性が大好きな言葉を上手に使うモテ女子テクニックをご紹介したいと思います。
 
男性は戦いに勝ちたいという本能があります。そして勇者でありたいため、強さを称える言葉に喜びを感じるのです。また女性を守りたいという本能もあります。このような本能があることを頭において、感謝や褒め言葉を上手に使えばモテ女子間違いありません。
 
女性は本能的に恋愛対象に「大好きだよ」と言われることが最も嬉しいことの1つです。そのため女子は最高の感謝の言葉や褒め言葉として「大好き」と言ってしまうかも知れません。
しかし「大好き」は男性にとっては重くなるだけ。「好き好きはもういいから!」と思ってしまうかも。それより「ありがとう」や「お疲れ様」と言った方が男性は感謝され、ねぎらわれているという気分になり本能が刺激され、「また彼女のために頑張るぞ!」と思えるのです。
 
彼が疲れているときには「お疲れ様」「本当に偉いね」「毎日すごいね、尊敬しちゃう」などがおすすめ。「お疲れ様」はねぎらいの言葉で、男性が本能的にとても大好きな言葉です。また「すごい」「偉い」「尊敬」という言葉も、勇者でありたいという本能を刺激してくれます。
逆に「毎日大変だよね~」「辛くない?」というような言葉は避けましょう。基本的には男性の頑張りや強さを称える言葉によって男性は100倍元気になるはずです。
「うれしい!」「幸せ!」「ありがとう!」という言葉をできるだけ使うようにしましょう。男性本能にとって女性を幸せにしている、喜ばせているという気分はとても良いのです。そのため感謝の言葉である「ありがとう」はもちろん、「うれしい」「幸せ」などの言葉は男性本能を満足させるのです。
また食事のときには「おいしい~」の一言で彼は女性を喜ばせたという本能が刺激されます。どんどんこれらの言葉を使うように意識して愛され上手になりましょう。
 
勇者でありたい男性本能を刺激するには、「すごい」「偉い」「強い」「尊敬」などを会話中にちりばめます。例えば彼のネクタイを褒める場合、「素敵!お洒落なネクタイね」と女性は言います。
それは女性が本能的に美を褒められることが嬉しいからです。でも男性はネクタイではなく、ネクタイを選んだ自分を褒めて欲しいのです。「こんなお洒落なネクタイを選ぶなんてセンスいいわ!すごい!」と、彼のセンス褒めると本能が刺激されとても良い気分になるでしょう。
また仕事の愚痴を聞いたときでも「その上司ひどいね、それじゃつらいよね」ではなく、「そんな上司の下でも頑張っているなんてすごい!尊敬するな!偉いね」と、頑張っている彼をたたえてあげましょう。男性はそんなあなたを大好きになるはずです。
 
感謝の言葉として「ありがとう」もおすすめですが、たまには「頼りになるわ~」と言ってあげましょう。「頼りになるわ~」と言われると男性本能は俄然奮い立ちます。「もっと彼女を愛して、大切にして、もっともっと頼りになる男になるぞ!」と思うはずです。
 
男性を喜ばせるには褒め言葉が大切です。そして褒め言葉に本能をくすぐる言葉をちりばめれば、彼はもうあなたにメロメロになってしまいます。上手に褒め言葉を使うテクニックを覚えてモテ女子になりましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事