2020.10.24

信頼を上手に伝えて、もっと彼氏の愛情を確かなものに!

 
彼氏と素敵な関係になるためには、お互いの信頼感がとても大切です。特にあなたに信頼されていると感じた彼は、よりあなたをしっかり支えて愛していきたいと考えるはず。
また彼氏はあなたの信頼度イコール愛情の深さと感じるため、あなたの信頼度をアピールすることで、より深い信頼で結ばれた素敵なカップルになることができるのです。そこであなたの信頼度をうまく伝える方法をご紹介しましょう。
 
彼氏があなたから真剣な相談をされたら、あなたに信頼されていると感じるはずです。そのため一生懸命相談を聞こうとし、あなたを守っていこうと強く考えるでしょう。ただし、くだらない相談は愚痴やネガティブなイメージだけが先行してしまうので彼氏にとってもうんざりかも知れません。
あくまでも誰にも言えないような真剣な相談であることが必要です。例えば「これは今まで誰にも相談したことがないんだけど......」などという言葉を添えると、自分だけに真剣な相談をしてくれていると彼氏は感じることができるはず。
 
例えばトイレなどに行くときなど、化粧ポーチだけを取り出してバッグを彼氏に預けてみましょう。預けられた彼氏は信頼されていると感じます。お互いに荷物やバッグを預けられるようになると信頼し合っていると実感するでしょう。
 
ある程度スケジュールを彼氏に把握させることで、彼は信頼されていると感じます。週末や休日のスケジュールを教えるなど、信頼していない相手には絶対にありませんよね。もちろん「今週のスケジュールはこうこうです」と伝えるわけではありません。
なんとなく「今度の金曜日の仕事終わりは〇時ぐらいなの」とか「今週土曜日は○○ちゃんと久しぶりに女子会するの」など、週末や休日のスケジュールを何気なく伝えるようにします。本当は彼氏もあなたのスケジュールを聞きたいけど、なかなか自分からは聞きにくいはず。
だからこそ、あなたがそこまで教えてくれるのは相当信頼されていると感じます。ただし実況中継のように、タイムリーにラインを入れるようなことはスケジュールを教えるというより、「私を見て」的な行動なので逆効果になってしまいます。
 
やはり恋人関係であっても建前と本音というものがあります。しかし彼氏はあなたが本音を話していることを知ると、自分が信頼されていると感じるはずです。ただし本音をすべて伝えてしまうことが必ずしも良いとは言い切れません。
本音は相手を傷つけることもあるので、あくまでも建前と本音を上手に自分の中でコントロールすることが必要です。しかしそれほど本音は人に言うものではないからこそ、彼氏は本音で話されていることを知ると、本当に信頼されていると感じるのです。
「これは建前の話じゃないの、本音の話なんだけどね」というように、本音の話だよということを彼氏に上手に伝えましょう。ただしこれはたまに言うからこそ効果があります。
 
「あなたと私だけの秘密にしてね」という言葉は信頼を強く感じさせ、彼氏にとってはとても嬉しい言葉です。もともと男女の関係でふたりの秘密を持つと、共犯意識という強い絆ができると言われています。そして「ふたりの秘密」という言葉は彼氏にとってあなたの深い信頼を感じるはずです。
 
信頼はお互いに高め合うものです。あなたの信頼を感じると自分もあなたを信頼していこうと感じ、それが確実な愛情へと変わっていきます。彼の愛情をより深めたいなら彼に対するあなたの信頼度をしっかり伝えることなのです。
(ハウコレ編集部)

関連記事