2020.10.24

「彼氏いないの?」と聞いてくる男性の心理

 
あなたは男性から「彼氏いないの?」と聞かれたことはあるでしょうか。
 
よく聞かれる人も中にはいるかと思いますが、どうして聞いてくるのか気になってしまいますよね。
 
今回はそんな「彼氏いないの?」と聞いてくる男性の心理について一緒に見ていきたいと思います。
 
よくあるのが、好意がある女性に対して気になるから聞いてみたいといった心理からくる場合が多いのではないでしょうか。
 
気になる人や好きな人がいると、その人はほかに好きな人はいないのかはじめに気になってしまいますよね。
 
普段から話をする間柄であったとしても、恋愛の話題にはあまりならなければ、実際に彼氏はいるのか知りたくなりますので、さりげなく聞いてくる可能性もあるでしょう。
 
彼氏がいるのかいないのかは、恋愛対象として意識し始めたころから気になりだしますので、「彼氏いないの?」と聞かれたのであれば、好意を持たれているということになります。
 
 「彼氏いないの?」と聞いてきた男性自身が好意を持っていなかったとしても、友だちがあなたのことを気にしているということになれば、代わりに質問してくる可能性も考えられるでしょう。
 
その場合、友だちに恋愛相談をされていることが考えられます。
 
好きな人に面と向かって「彼氏いないの?」とストレートに聞くのは勇気がいるものですよね。
 
返事によってはショックを受ける可能性もありますので、そう考えるとなかなか直接聞くことができず、友だちに相談をして聞いてもらう場合があるでしょう。
 
好きな人にアプローチをしたいと考えている人の中には、自分が質問されたいと思っている質問を相手にする人がいます。
 
「彼氏いないの?」と聞いてきたということは、「彼女いないの?」と質問されたいと思っていると受け止めていいでしょう。
 
逆に質問されたことで、自分からアプローチしやすくなりますので、そのきっかけのひとつとして考えていたりします。
 
この場合、逆に質問されることでとても嬉しそうに答えるはずです。
 
「彼女いなくてさ……」と語りだし、自分のことを話し始めてアプローチしてくる可能性が考えられます。
 


「彼氏いないの?」と聞いてくるというのは、少なくてもあなたのことを気にしているということがわかります。
 
恋愛の対象として見ているからこそ、彼氏がいるのか気になってしまうのです。
 
もし、聞かれた場合には逆に聞き返してもいいでしょう。
 
そこで男性からアプローチをされたら、恋愛に発展していくことになるはずです。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事