2020.10.24

失恋から立ち直るには?失恋から立ち直るための3つの方法

失恋から立ち直るにはどうすればいいのか、失恋から立ち直るための3つの方法をご紹介します。

できることなら失恋などしたくはないですが、絶対に失恋しないという保証はありません。むしろ、誰でも一度は失恋した経験があるのではないでしょうか。

思い入れの強い相手との恋愛であればあるほど、失恋の痛みも強くなるもの。

失恋した直後はまるでこの世の終わりのような感じで、立ち直るなんてできないと思うものですが、大丈夫、絶対に立ち直ることはできます。

その方法について、詳しく見ていきましょう。
失恋から立ち直るには、我慢しないで思い切り泣くことがおすすめです。

可能ならば、声を出して思い切り泣きましょう。大人になると、声を出して泣くことってないですよね。

理性が働いて自然とセーブするのが普通ですが、失恋したときは泣いていいのです。むしろ、辛い気持ちを心の中に溜めておくと、いつまでも引きずってしまいます。

立ち直るためには、一度リセットするつもりで泣いちゃいましょう。
失恋の辛さを分かち合えるのは、やはり女友達の存在です。

親友に話を聞いてもらいましょう。

このときだけは、彼の愚痴もOK!(笑)

話しながら泣いてしまったとしても、かまいません。

そういうあなたのことも、しっかりと受け止めてくれる友だちならば、別に問題はないですよね。

女友達に話を聞いてもらい、今の自分の気持ちを洗いざらいぶちまけてしまいましょう。

誰かに話を聞いてもらうと、それだけで気持ちがすっきりとするものです。
そして3つ目の方法は、彼の短所を書き出してみるというもの。

付き合っているときや片思い中は、たいてい彼の良い部分しか見えていません。たとえ悪いところがあったとしても、良い部分でカバーできていたはずです。

だからこそ、あえて彼の短所や悪いところを紙に書き出してみましょう。

些細なことでも、なんでもいいです。

たとえば、
  • 寝癖のままデートに来る
  • 私服のセンスがない
  • 歌が下手
など。

誰かに見せるわけではないので、ここぞとばかりに悪口を書き出しちゃってください。

彼の悪いところばかり挙げていくと、「実はそんなにいい人じゃなかったのかも」と思えるようになるはずです。
失恋から立ち直る方法を、ご紹介しました。

失恋した直後は本当に辛いですが、まずは自分の「辛い気持ち」を外に出すことから始めましょう。

1人で悩まず、ときには友人を頼るのもアリです。

自分の気持ちに整理がついたら、改めて彼とのことを良い思い出にしていきましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事