2020.10.25

お金のない社会人女性必見!美容費の節約方法をご紹介!

「もっと可愛くなりたいけれど、お金がない」「新作コスメが欲しいけれど、家計が危ない」そんな悩みを抱えている方に朗報です!
実は、お金をかけなくても可愛くなれる方法は存在するのです。

今回は、そんな「美しくなりたいけれど節約したい女性」にピッタリな美容費の節約方法を4つご紹介いたします。無駄な出費を抑えて、更なる美を極めましょう!
「デパートコスメは効果が高く、安い商品は品質が悪い」という考えは大きな誤解です。
値段が高くても低くても効果には個人差があります。

中にはプチプラ商品で十分という肌の持ち主もたくさんいらっしゃいますし、プチプラ用品でもデパートコスメを凌駕するほどの効果を持っているものもたくさんあります。

自分へのご褒美としてデパートコスメを購入するのはもちろん良いですが、プチプラ用品を「悪」と考えてデパートコスメを見境なしに買い漁るのはとてももったいないですよ。

金額もリーズナブルですから、これまでデパートコスメでスキンケア・メイク用品を固めていた方は、プチプラ用品にもぜひ目を向けてみてください!
化粧品等を購入した際にもらった試供品、使わずに放置していませんか?せっかくいただいたものですから、節約を意識するのであればぜひ使いたいところです。

ポイントは、いただいた試供品はなるべく早く使い切ること。いつか使うと思いながらも気づけば長い間放置してしまい、最悪の場合使用期限切れなんてことにもなりかねません。

古い化粧品はお肌にも悪いですから、いただいた試供品は早いうちに使い切りましょう。ただし、近々旅行を控えているという方は旅行用にとっておくというのもひとつの手です。
美容用品を購入する店をなるべく固定することで、その店のポイントを貯めてお得に買い物をする、という方法です。

デパートコスメにしろ、ドラッグストアコスメにしろ、購入の際にポイントカードにポイントが付くお店も多いです。購入するお店を固定しておくと、ポイントが貯まりやすくなる他、ポイント〇倍等のお得なポイントデーを把握することができます。

逆に購入するお店を分散させてしまうと、なかなかポイントが貯まらない、あるいはポイントカードが多すぎて分からないことになってしまうといったことが起こり得ます。そのような事態を避けるためにも、スキンケア用品やメイク用品を購入するお店は絞っておきましょう!
こちらはヘアケアに関する節約です。美容院のカットモデルや新米美容師さんの練習台になることで、美容院代を安く抑えることができます。

例えば、通常2万円近くする某都内のサロンの縮毛矯正が、新米美容師さんの練習台として受けるのであれば材料費のみの2千円で収まるという例もあるのです。

モデルを引き受ける方法は、インターネットで探すほか、渋谷や下北沢など、若者が行き交う街で美容師さんが直接声掛けをするというパターンも多いです。気になる方はインターネットで調べるか、人通りの多い街に出かけてみてはいかがでしょうか?

なお、新米美容師さんの練習台になる場合、多少仕上がりが劣る場合もあるため、神経質の方は避けたほうが良いです。
以上、美容費の節約方法を4つご紹介いたしました。参考になる方法はございましたでしょうか?

もちろん、今すぐこれをすべて実施する必要はありません。しかし、どれも少し意識するだけで簡単にできる方法ばかりですので、できることから少しずつ挑戦していきましょう!

これを読んでくださった皆様が少しでも綺麗になれるよう、応援しております!
(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事