2020.10.25

ネットでの出会いでの恋愛はアリ?注意すべきこと

最近はネットによる出会いから恋愛に発展したカップルたちも増えています。とは言ってもやはりまったく知らない同士、あるいはネット上での情報しか知らない同士なので恋愛まで進むまでには注意すべきことも。そこでネットで出会うときの注意すべきことをご紹介したいと思います。
 
ネットの出会いサービスにもいろいろなタイプがありますが、多くの場合は以下のようなことがあり得ると頭に入れて注意することが大切です。

・プロフィールの写真は映し方や加工などで実際とは相当ギャップがあることも!
・年齢詐称、仕事や収入に対するウソ、ひどい場合は名前が違ったり既婚者や恋人がいる場合も!
・最初からいい感じの関係になったけど、その後連絡が取れなくなることも!
・ストーカーや薬などの犯罪に巻き込まれることも!
 
・待ち合わせ場所
リアルに出会うときの待ち合わせは、まず相手がストーカーということも考えて、自宅の最寄駅などで待ち合わせることは避けましょう。相手が車で来る場合は直接車に乗ることも危険です。相手が車で来ても駐車場に入れてもらい、待ち合わせだけでなくその日は車には乗らないようにしましょう。

・密室にはならない
「待ち合わせ場所」でもご紹介したように車は密室なので危険です。逆に車に乗ろうとしつこく誘う男性は要注意。他にも彼の自宅やホテルの一室なども注意が必要です。薬を使用されたり悲惨なことに遭ってしまった女性もいます。また真剣に付き合おうと思っている男性はすぐに深い関係を求めません。

・遠距離相手なら泊まる準備も
遠距離相手との出会いの場合は、できるだけ男性の方に来てもらうことが原則です。しかしどうしても女性側が遠くに行く場合は、合う前に泊まるホテルを準備しておきましょう。出会いの後の泊まるところを最初に確保しておくことがポイントです。
 
出会ったときに特に女性はいろいろチェックをする必要があります。そんなチェックポイントをご紹介しましょう。

・リアルと写真の違い
実際に会ってみると写真とあまりにも違う場合も。あまりにも違う写真を載せている男性は自分に自信がなかったり、考え方が場当たり主義ということも。出会いの目的や性格的な部分を少し注意してチェックしましょう。

 ・体目的ではないか
多くのネット出会いでは恋人や結婚相手募集と言いながら、実は体目当てということが多いので注意しましょう。最初から肉体関係を迫ってこないかなど、彼の目的を注意してチェックしましょう。また最初からいくら気が合っても深い関係になることは避けましょう。 

・既婚者かチェック
彼が既婚者だったことが後で判明することも。そのため最初にしっかり聞いておきましょう。また保険証など見せてもらうこともアリです。それで気分を損ねる男性であれば、きっと見せたくない理由があると考えましょう。真面目に出会いを考えている男性であれば、そういうしっかりとした女性に悪い印象は持ちません。

 ・自分の情報を与えない
自分の情報はまだ数回のデートをクリアするまでは伝えないようにしましょう。相手がストーカーの場合もあるので、住んでいる地域や住所、会社などは特に注意が必要です。ストーカーは会えば異常性を感じるだろうと思われがちですが、とても精悍な男性に見える場合も多いのです。
 
ネットでの出会いは本当に相手の情報がありません。また知っているつもりの情報でもすべて架空の場合も。その上、ストーカーや犯罪者に出会う可能性もあります。そのことも頭に入れチェックしながらゆっくり付き合いを進めることが大切です。
(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事