2020.10.25

もう失敗しない!男性脳と女性脳の違いと注意ポイント

男性と女性では考え方が違うと言われますが、やはり男性脳、女性脳という言い方でその違いが表されることがあります。そしてこの違いのために男性と女性の気持ちの行き違いが生まれ、別れてしまうということも。そんな失敗をしないためにも男性脳と女性脳を考えてみましょう。
 
女性脳は女性の考え方、男性脳は男性の考え方と思われがちですが、女性脳の特徴が強い男性もいるし、男性脳の特徴が強い女性もいます。そのため個人差がありますが、大きく見て女性は女性脳的な思考を持ち、男性は男性脳的な思考を持っている人が多いのです。

その違いによって理解し合えないことが起こることも。でも男性脳と女性脳の違いを知っておけば、相手の気持ちを理解することができぶつかることを避けることができるのではないでしょうか?
 
1つのことに対して女性脳は直感や感性に優れているため、直感で物事を考える傾向があります。男性脳は逆に直感より理論的な思考を持っています。そのため男性は女性に対して適当に物事を決めていると感じ、女性は男性に理屈っぽいと感じるのです。

また、女性は感情が揺れやすくヒステーを起こしたり泣きやすいところも。男性はその部分が理解できずに「すぐに泣くなよ」と言い放ってしまうこともあるのです。
 
昔の恋愛や現在進行形の恋愛に対して女性脳は上書き保存タイプで、男性脳はファイル保存タイプです。つまり、女性は終わった恋愛や恋愛中でも終わったことはどんどん上書きしていくので今を重要視します。

それに比べ男性脳はファイル保存タイプなので昔の恋愛も大切にファイルに保存。進行形の恋愛でも、あれをプレゼントした、あれをやってあげたなど結構覚えています。
会話をしていても女性脳は自分の話に共感を求めます。そのため「分かるでしょ?」という気持ちが強く、男性が共感せずに違う意見を言うことを嫌います。男性脳の場合は共感より問題解決を求め、自分と違う意見でなくてもいいので解決につながる意見を求めています。
 
仕事面でも男性脳と女性脳では大きな違いがあります。例えば、女性脳は家事のようにいろいろなことを同時に行うことができますが、男性脳は1つのことに集中することが得意です。そのため女性は男性に対してもっといろいろできないのかなと思うことも。

逆に男性は女性にもう少し1つに集中してできないのかなと思うことがあるのです。このようなことから、お互いの仕事のやり方を認めることがなかなかできない場合もあります。
欲にもいろいろな欲があり、もちろん個人差があります。しかし大きく見ていくと女性脳は物欲が強く、男性は性欲が強いと言われています。例えば恋人の誕生日祝いを考えてみると、女性は自分の欲しかった高級ブランドのバッグの方がセックスより欲しいはず。でも男性の場合、「プレゼントは君が欲しいな」なんてことになるのです。
 
ショッピングで喧嘩をするカップルは意外と多いもの。例えば欲しいものを購入する目的があった場合、女性は目的のショップに行くまでに時間をかけ、いろいろなショップを見ながら楽しみます。つまり、女性は結果より経過を楽しむのです。

しかし男性の場合は目的のものを購入するためにショップに直行。目的のものを購入したらショッピングは終わりです。これは男性脳が経過より結果を目的としているからなのです。セックスでも女性はラストまでの過程を楽しみますが、男性はラストへ向かってまっしぐら。この辺もお互いを理解しないと不満になってしまうかも。
 
男性脳と女性脳の違いはやはり平行線で、お互いの思考を理解することはできません。そこで愛情をもって相手の思考を理解することができなくても分かり合うことで上手に付き合うことができるはずです。
(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事