2020.10.26

義理の両親に初めて会うときに意識したいマナー!

「僕の両親に会ってくれないか」長く付き合っている彼氏からこんなことを言われたら、クール系の女性でも思わずドキドキしてしまうのではないでしょうか。

でも、彼の両親に初めて会うとなると緊張してしまうもの。結婚を真剣に意識していればなおさらです。

義理の両親に初めて会うときに意識しておきたい基本マナーについて見ていきましょう。
彼氏の両親に初めて会うときは、どんなクールな女性でもドキドキしてしまうもの。緊張しすぎて思わぬハプニングを連発してしまい、両親だけでなく彼氏にも引かれてしまったり……。

義理の両親に初めて会うときは、どのようなマナーに気をつければいいのでしょうか。
言葉遣いはおそらく、義理の両親が細かくチェックするポイントではないでしょうか。上の世代になるほど正しい言葉遣いに厳しく、あまりに常識はずれな言葉ばかり使っていると「この子とは話が合わない」と思われてしまいます。

明治・大正時代のようにかしこまった言葉遣いを身につけることはありませんが、やはり、「相手を不快にさせない言葉遣いのマナー」は最低限意識しておいたほうがいいでしょう。
言葉遣いだけでなく、仕草にも注意が必要です。女性らしさを過度に意識する必要はありませんが、物音をあまり立てない、大口を開けて笑わない、といった基本的なポイントをおさえておくだけでも印象ががらりと変わります。

ふだんから大ざっぱだと油断したときに本当のあなたが見えてしまいますので、両親への挨拶が決まった段階から少しずつ練習をしておきましょう。
ひと昔前ならいざ知らず、令和の時代は少しくらい髪を染めたり、変わった髪型をしたりしていても印象が下がることはありません。

しかしながら、義理の両親への挨拶となると話は別で、上の世代の中にはまだまだ茶髪や金髪に抵抗感を示す人もいます。

個性をアピールするのも大切ですが、それ以上にマナーも大切ですので、極端に髪の色を染めている場合は落ち着いた色に戻したほうが無難でしょう。
彼氏の両親に初めて会うときは、実は両親のほうも緊張しているものです。

ちょっとした違和感がネガティブな印象につながりやすいため、仕草、言葉遣い、服装など、基本マナーをしっかり意識して彼氏の両親に好印象をアピールしましょう!

不安なら、彼氏と一緒にマナーをチェックしておくといいかもしれません。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事