2020.10.26

亭主関白になりそうな男性を一瞬で見抜くポイント!

いまの時代、亭主関白という言葉は死語になりつつありますが、なかには古風な価値観の男性もいて、いざ付き合ってみると細かい場面でけっこう苦労したりします。

「結婚しても対等な関係で暮らしたい」という女性のために、結婚後、亭主関白になりそうな男性を見抜くコツについてお伝えしていきます。
初対面の印象や何気ない行動パターンをチェックしていると、「将来、亭主関白になりそうな彼氏」はある程度チェックできたりします。

彼氏がいる人も、亭主関白度をさりげなく確かめてみましょう!
亭主関白になりそうな彼氏は何かにつけて考え方が古風で、彼女にもことあるごとに「昔はこうだったんだから……」という接し方をします。

古い考え方が必ずしも悪いというわけではありませんが、結婚後の暮らしをイメージするのなら、価値観をアップデートしてもらうことも必要かもしれません。
結婚前から炊事、洗濯ができないのに、結婚してからいきなり家事が得意になることはほとんどありません。

とくに、実家暮らしが長く、ひとり暮らしの経験がない男性はそもそも家事に慣れる機会がなく、よほどのきっかけがないかぎり自分から「よし、家事をしよう!」という気分にはならないものです。

ただ、このタイプの男性の場合、ちょっとしたきっかけさえあれば家事や育児にめざめる可能性もあるので、彼女のほうが上手にリードしてあげるとうまくいくかもしれません。
誰でも、無意識のうちに両親の影響を受けているものです。
亭主関白の家庭で育った彼氏はそれが当たり前だと思っているので、自分が結婚しても奥さんに同じような関係を求めがちです。

付き合ってみて「この人、もしかして亭主関白かな?」と思ったら、両親の関係性をさりげなくチェックしてみましょう。

あるいは、いわゆるかかあ天下の家庭であっても、反面教師の心理から亭主関白を望んでいる彼氏もいますので、両親の関係性や子どもの頃の育ち方を知ることで将来の亭主関白度をある程度予測することができます。
男らしくて頼もしい……亭主関白な男性も魅力的ですが、結婚生活が長くなると「たまには料理ぐらいやってよ」なんて気持ちになることも……。

彼氏がいる人もいない人も、男性の亭主関白度をチェックして、将来亭主関白になりそうならそれとなく価値観をアップデートしてもらうなど、上手にリードする方法を考えましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事