2020.10.27

彼氏に疲れたらどうする?別れを決心する前にするべき対処法

どれだけ愛している彼氏であっても、ちょっとしたことが原因で彼氏と付き合っていくのに疲れを感じてしまうことがあります。

恋愛は幸せなもの。疲れを感じた瞬間、もはやその恋愛に幸せを感じなくなり、すぐにでも別れたいと考える方も多くいらっしゃるかと思います。

しかしだからといってすぐに別れを切り出してはいけません。今回は、彼氏に疲れた時に別れを決心する前にするべき対処法について解説していきます。

「恋愛にちょっと疲れたな」という方は是非参考にされてみてください。
あなたが彼氏に対して不満に感じていることを素直に伝えてみましょう。不満を伝えることで彼氏がそれを理解し、改善してくれる可能性があります。

例えば「どんなに仲のいい女友達でも、ふたりきりで遊びに行ったり飲みに行ったりしないでほしい」「悪いことは悪いと自覚しきちんと謝ってほしい」「もっと真面目に仕事をしてほしい」などです。

なかなか言いづらいことかもしれませんが、あなたが不満に感じていることを、彼氏は別に悪いことだと思っていないかもしれません。

だからこそ一度全ての不満点を伝え、彼氏に改善してもらうのです。別れを切り出す前に自分の気持ちを伝える勇気を持ちましょう。
恋人関係を続けていくことにより、そこにはメリットもあればデメリットもあるもの。そこでこれまでの付き合いの中で感じたメリット・デメリットを書き出してみてください。

優しくいつも親身になって相談してくれる彼氏、デートプランを一生懸命考えてくれ、自分を楽しませてくれる彼氏といったメリット、全く連絡をくれなくて不安にさせる彼氏、自分を束縛して自由をくれない彼氏などのデメリットです。

これらメリット・デメリットをメモ帳などに書き出すことで、自分自身の本当の気持ちを整理することができます。

そうすることで、自分にとって本当に必要な彼氏なのか、実際には必要の無い彼氏なのかを判断することができるでしょう。
彼氏との付き合いに疲れた時、多くの方が実践しているのが距離を置くこと。少し距離を置くことで、彼氏の必要性を感じるかもしれませんし、その逆もありえます。

注意したいのは、距離を置き過ぎないことです。全く連絡を取り合わなかったり、無視するような行動を取ると、そのまま自然消滅してしまう可能性があります。

ある程度連絡を取り合い、会いたくなったら会って話をする、その程度の少しの距離で構いません。第三者目線のような感覚で、彼氏の存在意義を再確認することができます。
彼氏に疲れる原因の一つが、会い過ぎて自分の時間を作れず、ストレスが溜まることです。どれだけ大好きな彼氏だったとしても、1人の時間を大切にしない限り、長続きさせるのは正直難しいです。

ですので、休日など、いつもなら彼氏と過ごしている時間を、自分自身のためだけに使ってみましょう。一旦恋愛を忘れて、シングルになった気持ちで過ごすのです。

1人で過ごす時間を作ることでストレスが発散され、彼氏に疲れたという気持ちも吹き飛んでしまうかもしれませんよ。
恋愛をしていれば、誰もが彼氏に疲れたと感じるもの。言うならば、恋愛する上で必ず通るべき問題と考えるようにしましょう。

たとえ、心から愛している彼氏であっても、疲れることは誰にでもあります。あまり深く考え過ぎずに、まずはここでご紹介したことを実践してみてください。

それでも疲れを感じるようなら、思い切って彼氏との別れを決断する時かもしれません。
(ハウコレ編集部)

関連記事