2020.10.27

好きじゃない男性からのデートの誘いを上手に断る方法


これまでただの男友達と思っていた、恋愛対象外の男性から急にデートに誘われたことのある女性もいるかと思います。

男性はあなたの魅力に惹かれてデートに誘っているけども、あなたは「え?どうして私なの?」「好意が無いから断りたい」と悩んじゃいますよね?

そこでこの記事では、好きじゃない男性からのデートの誘いを上手に断る方法を紹介していきますので、皆様の参考になれば嬉しいです。
あなたが社会人であれば、仕事が忙しいからデートをする暇が全く無いと伝えることで、仕事ならしょうがないかと諦めてくれる可能性があります。

たとえ学生であっても、バイトが忙しいからと上手にデートの誘いを断ることができるので、相手の男性も傷つけずに済む可能性があります。

流石に仕事だと言われれば男性も無理には誘ってこないので、好きじゃない男性からデートに誘われた時は最適な断り方でしょう。

どうしても行きたくなかった場合は、仕事を理由に断ってくださいね。
好きじゃない男性とふたりきりで、デートなんてしたくはないですよね。変に勘違いさせる可能性があります。

友達関係に溝ができないためにも、行きたい場所があるから、他の友人も誘ってみんなで遊ぼうと伝えることです。

そうすることで好きじゃない男性とふたりきりで、デートをするリスクを回避することができますし、みんなで遊べるので一石二鳥かもしれません。

男性もデートができないよりは良いと思うので、渋々OKしてくれる可能性があります。
あなたに好きな人がいても居なくても、好きじゃない男性からデートの誘いがあった時は、他に好きな人がいるからとやんわり断ることです。

男性も他にも好きな人がいるからと言われれば、あなたの想いを優先したいと考えるので、しばらくの間は誘われない可能性があります。

ただし一時的なものですから、時間が経つにつれて、またデートの誘いをしてくることもあります。

早めに好きな男性を見つけて、本当に付き合った方が良いかもしれません。
やはり気持ちに嘘を付きたくないと、考える女性もいるかもしれませんから、素直に〇〇くんのこと好きじゃないからデートはできないと、ストレートに断ることです。

この時注意したいのが、「ごめんなさい」と「誘ってくれてありがとう」っていう感謝の言葉を付け加えることで上手にデートを断れるかもしれません。

あまり上から目線で断ってしまうと、あまり良い印象は得られませんし、友達関係に亀裂が入る可能性があります。

好きじゃない男性からのデートの誘いを上手に断るには、変な言い訳をするよりも、やっぱりストレートに気持ちを伝えることが大切です。
好きじゃない男性からデートの誘いがきたら、誰でもびっくりするかもしれませんが、変な断り方をして、嫌な関係になっても後味が悪いものです。

素直に諦めてくれる男性もいますが、中には傷ついてしまう男性もいますから、やんわりとスマートに断ることです。

どうしてもストレートに断る勇気が持てないようでしたら、仕事を理由にしたり、みんなで遊ぶことを提案してみましょう。

仕事が忙しいことを伝えた後に無理矢理デートに誘ってくる男性はいないはずですから、上手に好きじゃない男性からのデートを断ることができるでしょう。
(ハウコレ編集部)


関連キーワード

関連記事