彼を怒らせた時の対処法3選

2020.10.29

彼を怒らせたときの対処法3選

あなたは、こんな経験をしたことがありませんか?

なにげない会話で突然、彼がムッとした表情になり気まずい思いをしたことや、

自分の軽率な行動が引き金となり、彼をものすごく怒らせてしまったことなど。

じつは、男性はプライドを傷つけられると感情的になってしまい、それが怒りに変わったりすると言われています。

今回はそんな男性を怒らせてしまったときの対処法をご紹介していきます。
はやくどうにかしなければと焦る気持ちは分かりますが、彼を怒らせてしまったとき、焦りは禁物です。

「あなたを怒らせるつもりはなかったのよ」などと言い訳をしても、こういうときはお互いに感情的になってしまっている可能性が高いので仲直りはしにくいでしょう。

まずは、一度落ち着くまで距離をとるとよいです。

そうすることで、お互いに冷静になれ、仲直りのチャンスを引き寄せることが出来るでしょう。

絶対にやってはいけないのは、彼が怒っているのをみて、あなたが感情的になり、「なんでそんなことで怒るの?」や「私は悪くないと思っているわ」などと彼を攻め立てることや逆ギレすることです。

これをやってしまうと、彼が引いてしまう可能性や、あきれてしまうかもしれません。
お互いが冷静になってからご自分の言葉で気持ちをしっかりと伝えて謝ることで、彼も許してくれる可能性があります。

このとき話をするスピードは、ゆっくりの方がいいです。

理由は、ゆっくり話した方が、落ちついているようにみえるからということと、話が伝わりやすくなるからです。

それと謝った際に、彼が怒った理由を話し始めたらしっかりと話を聞くと良いでしょう。

彼も気持ちを分かってほしくて話し始めているので、仲直りもしやすいタイミングにあるといえます。
しっかりと彼に謝ったうえで、それでもまだ彼が怒っているようなら話し合いをするのも一つの方法でしょう。

話し合いの際、具体的な解決策を彼に伝えるなどをして誠意をみせましょう。

そうすることで彼の怒りも収まりやすくなるでしょう。
ちなみに、謝るときや話し合いがいい感じに進んできたらボディータッチや、腕を組むなどのスキンシップを入れていくと、彼もあなたを受け入れやすくなり仲直りできるでしょう。

可愛い彼女を目の前に少し熱くなりすぎたな。と思ってくれる可能性もありますよ。
今回は、彼を怒らせたときの対処法をご紹介しました。

彼を怒らせてしまったときは、まずは焦って感情的にならないようにしましょう。

そして、お互いが冷静になれるまで距離を置いたり
素直に謝ることや、話し合いをしてみるのも良い方法です。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。


(ハウコレ編集部)

関連記事