2020.10.29

自信がないネガティブボーイが増加?!女性に対しての考えが変わりつつある?!

私達の中で、デートや告白などの恋愛においてリードしてくれるのは"男性"だというとこは、常識となっています。

しかし現在、自分に自信がなくネガティブな男性が急増しており、男性が女性を誘ったりリード出来なくなってきているのです。

その実態に迫ります!!
急増しているネガティブ系男子は現20〜30代の方に多く、それは生まれた年に関係しています。

30代より上の方になると、まだまだ親世代が亭主関白であったり、周りの環境も男性を立てるという文化で育ってきているため、男性がリード出来るのですが、20〜30代の方は少し前に草食系男子という言葉が流行ったように、男性がリードするというより男性は控えめで女性を立てる文化の中、育ってきた人達が多いのです。

そのため、誘ったり女性の前も歩いたりとリードする文化に馴染みがなく、本人も「なぜ男性がリードしなきゃいけないんだろう?」と自覚がないパターンが多いようです。
また時代の流れや、上記でもお伝えしたように男性が女性を守る、女性をリードするといった文化がないことから、女性と付き合った経験がない人が増えてきているようです。

そのためマッチングアプリのように、いいなと思った人を見つければ、流れが決まっているから安心するといった声が多くあります。

女性としては男性からのお誘いを待ちたいものですが、連絡をとっている中で段々相手の性格が見えてくるはずです。

そんな時は女性から声をかけてあげると、20〜30代の男性は自信を持てるようになるかもしれません。

文化の変化は、女性にはお金を出させない!といった少し前まで当たり前だと感じていたことにまで影響しており、デート時は現在割り勘のカップルも多いようです。

もちろんまだ学生同士であったり、それぞれ一人暮らしの生活がある中での割り勘だとすれば、とてもいい付き合い方が出来ていると思います。

しかし男性側からすれば、「奢るのは全然いいが、男性が女性の分まで毎回当たり前に払うのは理解が出来ない」という考えになってきているようです。

それは、女性より自分の趣味に没頭していた方が楽しく、そちらにお金を掛けたい!という理由や、財布みたいに使われてる男にはなりたくないという理由や、女性を誘えるほどのお金がない、オシャレなもの好きの女性が行きたいと思うお店にはお金がなくて連れて行ってあげれない。というネガティブな意見もありました。
まだまだ男性にリードされたいと思う女性も多くいらっしゃいますが、最近では会いたいから会いたい。一緒にいたいから一緒にいたい。と積極的な女性も多くなってきました。

そのためネガティブな男性とうまくバランスがとれ出してきているのかもしれません。

男性のじれったい態度に、モヤモヤしてしまうことがこれから増えるかもしれませんが、そんな時は女性から誘ってみることで、ネガティブな男性にも自信が湧いてくるかもしれませんね♡

(ハウコレ編集部)

関連記事