2020.10.31

映画デートのメリット・デメリットをご紹介

映画デートのメリットとデメリットについて、ご紹介します。

デートで映画に行くことは、メリットもたくさんありますが、実はデメリットもあることを忘れてはなりません。

一体、どんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

早速、見ていきましょう。
まずは、映画デートのメリットから紹介していきます。

映画デートのメリットには、
  • 天候に左右されない
  • 話すのが苦手でも大丈夫
  • 同じ時間を共有できる
  • 薄暗い空間なのでドキドキ感が増す
などがあります。

映画は室内なので、たとえデート当日が雨でも問題ありません。

また、映画は大抵2時間くらいなので、デートの時間としてはちょうどいいのです。

さらに映画館という薄暗い空間に男女で隣に座っているわけですから、必然的にドキドキ感も増すことでしょう。

デートでのドキドキ感は、今後の関係を進展させるためには欠かせないもの。

話が苦手でもドキドキ感を味わえるのは、映画デートならではのメリットと言えるのです。

続いて、映画デートのデメリットを見てみましょう。

映画デートにはメリットも多いですが、実はデメリットもあることを忘れてはなりません。

映画デートのデメリットには、
  • 好きなジャンルじゃないとつまらない
  • 映画の内容によってデートの気分が左右されてしまう
などがあります。

映画デートの最大のデメリットは、自分の好きなジャンルじゃないとじゃないと「つまらない」と感じてしまい、つまらないのは映画なのに、「今日のデートはつまらなかった」と感じてしまうこと。

デートそのものはワクワクしていて楽しみだったとしても、映画の内容が好みではなかったり、明らかに退屈してしまったとしたらどうでしょう。

一気に「つまらない」と思ってしまい、映画が終わってからもその気持ちは続いてしまいます。

最悪の場合は、映画の途中で居眠りしてしまった、なんてことも。

もしも居眠りしてしまったりすると、相手の男性にも「つまらないのかな」と思われてしまいますよね。

これでは、今後の関係の進展は望めません。

こうしてみると、映画デートでは見る映画のチョイスが重要だと言えそうです。

流行の映画や話題になっているものを選んだり、2人の好みのジャンルが同じであるなら、好きなジャンルの映画を選んでみてはいかがでしょうか。
映画デートのメリットとデメリットについて、お話ししました。

映画デートにはメリットもありますが、当然デメリットもあります。

デメリットをカバーしつつ、映画デートを楽しんでくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事