2020.10.30

意外と知られていない??男性が異性を好きと判断する基準

片想い中の女性は、意中の相手が自分のことをどう思っているかでヤキモキしがちです。
どうしたら私のことを好きになってくれるのだろう、今私のことどう思ってるの?

そんなお悩みを解決するべく、今回は「男性が異性を好きと判断する基準」についてお話ししていきます。
これは男性特有の思考と言えるでしょう。

女性は相手からの下心や好意を感じても不快に思うことの方が多いのに対して、男性は女性からのあからさまな好意やアピールに弱いです。

また、女性よりも誇張妄想力がすさまじく、落とし物を拾ってもらっただけで「あ、この子俺のこと好きかも!」や、LINEでお菓子などが「好き」という単語を見ただけで燃え上がる人もいるほどです。

女性は異性からの「好き」に対して胸キュンはするものの、警戒心は高いのに対して、男性の警戒心はゼロと言っても過言ではありません。

恋愛経験が少ない人ほどこの思考回路は顕著です。

女性の場合、一緒にいて安心することというのは、相手を好きだととらえる大要素です。

しかし、男性にとって居心地の良さだけでは恋愛に発展しません。
大事なのは、その先に繋がる気持ちがあるか、です。

端的に言ってしまうと、「性的魅力」を感じるか否かです。

「手を繋ぎたい」「キスをしたい」「だきしめたい」

これらの感情は相手を異性として見ていないと起こらない感情です。
とは言っても、これだけではあなたを好きかどうかはまだ分かりません。
男女の友情があるかどうか、というのは別の議論をよぶのでひとまずおいておきますが、女性よりも性衝動が高い男性とは言え、誰も彼もに恋愛感情がわきあがるわけではありません。

その人が自分にとって、他にいくらでも代わりのきく存在か、否かということです。

もっと現実的に言ってしまうと、その人がいなくなっても自分の生活は正常に機能するか、自分は悲しくならないか(病んでしまわないか)です。

ただ、これだけだと「かけがえのない親友」枠という可能性もありますのでご注意を。
これが最終関門のような気がします。

「あ、この子俺のこと好きかも!」
 ↓ 
「手繋ぎたい、キスしたい、だきしめたい……」
 ↓
「この子がいなくなったらどうしよう……」
 ↓
「他の人に取られたらどうしよう、嫌だ……あぁそっか、好きなんだ」

 このような流れで恋を自覚しやすいでしょう。
「記憶の脳」とも言われる海馬が好きか嫌いかを判断する情報を提供し、扁桃体で好きか嫌いかを判断します。

ただ、男性は女性に比べて扁桃体が発達していないので、燃え上がるのははやくても、好きか嫌いかを判断するのは苦手と言えます。
男性は女性の感情的な部分を「めんどうだ」と言い、女性は男性の理性的な言動を「わからず屋」だと言います。

これまでの情報で男性をお手軽ボーイだと思いましたか?
それとも、いくじなしボーイだと思いましたか?

いくつになっても男性は「夢見る男の子」な部分があります。意中の相手を落としたければ、これらを演出してみるのもいい手かもしれません。 

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事