2020.10.30

彼氏の実家に初めて行くときに気を付けること

彼氏と付き合い始めて、お互いが将来を意識するようになると実家に行くようになります。

彼氏の家族がいるのでとても緊張しますし、どのように過ごせばいいのか不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

今回は、彼氏の実家に行くときに注意すべきことについて、詳しくご紹介していきます。
初めての相手の場合、第一印象はとても大切です。挨拶はしっかりするようにしましょう。

声が小さかったり目を合わせなかったりするのは、緊張していてもしないようにしましょう。それでそっけない態度をされることもあるかもしれません。

ですが、息子の彼女ということで初めだけそうなってしまっている可能性が高いです。
そのような場合でも流されずしっかりと挨拶しましょう。
料理が得意だったりする場合、少しでも知ってほしくて手作りのお土産を持っていくことがあります。

相手が興味を持っているような場合はいいのですが、なるべく買っていくようにしましょう。

初めての会った人の手料理に、抵抗を感じてしまう人は意外に多いです。持っていくお土産は、彼氏に好みを聞いて選ぶといいでしょう。

地元のお菓子などを持っていくのがおすすめです。

お酒などは相手が禁酒中などの場合があるので、事前に確認するようにしましょう。
昼食などを家で食べるとなった場合は、食器の準備や片付けなどを手伝うようにしましょう。

お客様ではありますが、将来の付き合いもあるので、おもてなしを受けることが当たり前と思うのはよくありません。

ほとんどの場合「座っておいて」と言われることが多いのですが、まったく手伝う素振りを見せないのとでは印象がまったく違います。

逆にしつこく手伝おうとするのもよくありません。断られた場合は甘えるようにしましょう。
また、食事の際は口を開けて食べたり、肘をついたりなど基本的な食事のマナーには気を付けましょう。
お互いの呼び方にも注意が必要です。
あだ名で呼び合っている場合、実家では〇〇さんと呼ぶようにしましょう。

〇〇ちゃんなどで呼び合うと、いい印象を持ってもらえないことがあります。
会話をしていて、つい人の悪口などを話してしまうことがありますが、印象を悪くしてしまう可能性があります。

相手がそのような会話をしてくる場合も、無難に受け流す程度にすることが好ましいです。
とくに注意が必要なのが彼氏の愚痴です。

過去にケンカしたりしたことがあっても、話さないようにしましょう。
服装の好みは人それぞれなのですが、極端に派手な格好は印象が悪くなる可能性があります。

色使いなどはある程度好きなものでいいのですが、ミニスカや胸元が大きく開いた服装は避けましょう。

ピアスなども最近では一般的になってきましたが、ベロや口にしている場合は外していきましょう。

両親とある程度仲良くなって、理解してもらえるようになったらいつもの格好で問題ありません。

(ハウコレ編集部)

関連記事