2020.11.03

年上男性とのデートで気をつける事

年の差がある男性に対して女性は興味を持ってしまいます。同年代の男性と比べても頼り甲斐があり、包容力もあるからです。子供っぽく見える同年代よりも年上男性は、守ってくれる印象もある為、魅力でいっぱいなのです。

しかし、年上男性とのデートをする際に、忘れてはいけないことがあります。
「親しい仲にも礼儀あり」という言葉がありますが、仲良くなったり近しい存在になったからといっても、注意すべき事があります。

この記事では年上男性とのデートで気をつける事を3つご紹介していきます。
親しい仲になっていくと、ついつい同年代の男性と同じ対応をしてしまい、馴れ合いになる可能性があります。そうならない為にも、特にデートの場面において気をつけなければならないことを3つご紹介します。
冗談を言い合ったりしていると、うっかり年齢差があることを忘れてしまいがちです。
自分は良くても男性からすれば「え?」って思ってしまうかもしれません。
例えば、「タメ口」などは仲良くなると了承も得ずに話してしまうかもしれません。
友達ではなく、あくまでも年上だという事を忘れないようにしましょう。
何事も「当たり前」になってしまうと謙遜をしなくなってしまいます。
人間関係をより良くする為には、欠かせないポイントになります。
仕事関係であれば、年上男性は「上司」に当たる存在です。プライベートでもそこは注意しなければいけない事なのです。
人としては必要になる事です。どこかに連れてってもらったり、御馳走になったりしたら「ありがとう」の感謝は必ずしましょう。年上だから奢ってくれるという訳ではありません。お会計の際に、「ご馳走様でした」などの言葉を言わず、関係が発展しなかったケースも多々ありますので、これは1番忘れてはいけない最低限のマナーです。
遊ぶ場所や言葉使いなど、様々な魅力の多い年上男性と接すると刺激がいっぱいになります。
経験値が豊富な分、新鮮に感じる事でしょう。
上記の注意点だけ気をつけていればとても楽しい時間を作ることができます。
デート時において積極的になる点をいくつか挙げてみます。

・思いっきり楽しむ
・笑う時はとびっきりの笑顔で
・一緒にいると楽しいと伝える
・自分の趣味にも付き合ってもらう

年上といえどもデートはデート。楽しい時には笑って過ごし、時には自分からデートプランを提案すると年上男性にとっては良い刺激になるでしょう。
お互いの成長もデートの一つとして捉えるのが鉄則です。
完璧なデートを求めすぎてしまうと、自分の良さが出ず、つまらないデートになってしまいます。最低限のマナーさえ守っていれば難なくクリアする事ができます。
素の自分を出すことができれば、多少の粗相は許してくれるのも年上男性の魅力なのです。
(ハウコレ編集部)

関連記事