2020.11.04

意外かも?男性が女性から言われたくない「傷つく言葉」とは

よく男性が女性に悪気なく「太ったね」と言って怒らせた……などの話は聞きますよね。男性はデリカシーがない、と言われる所以です。しかし実は男性も、女性からの何気ない一言で傷ついているようです。

恋人や友達など親しい間柄になってくると、フランクな会話になっていくもの。今回は、どんな言葉が男性を傷つけるのかチェックしてみましょう。
男性も女性と同じように、容姿について言われると傷ついてしまいます。とくに背の高さについては男性がかなり気にしているところ。

男性はヒールを履いて背を高く見せることができないので、なかにはシークレットブーツで背を高くしている人もいるくらいです。背の小さい男性に「かわいいね」と言うのも、別の意味で受け取られかねないので要注意です。
なんとなく友達の彼氏を褒めただけなのに、彼氏の機嫌が悪くなったことはありませんか?女性にそんな気がなくても、彼はほかの男性と比べられた気分になるようです。
とくにヤキモチ焼きの彼の前では、ほかの男性を褒めないほうが無難かも……。
「男のくせに虫ダメなの?」「男なのに力ないね」など、男として価値観がないという発言は、男性の心を打ち砕く可能性が高い言葉です。とくに男らしさを武器に生きてきた男性は、根本から否定された気持ちになり、深く傷ついてしまいます。

何気なく言った言葉でも、彼にとっては「男ならこうあるべき」と男らしさを押しつけられているように感じてしまうかも。
たとえば男性だから機械の配線が得意だと思って頼んだのにうまくできないとき、「もう私がやるからいいよ」と言ってしまうことってありますよね。

男性は好きな女性から頼られることで、より頑張ろうと思えるものです。「もういいよ」と言われてしまえば、それは「もうあなたは必要ない」と言われているのと同じくらい傷つく言葉です。
服装に無頓着な男性でも「ダサい」とはっきり言われるのは傷ついてしまいます。
冗談でも「となり歩くの恥ずかしい」などと言うと、彼のプライドが傷ついてしまうかも……。

ファッションにうとい彼なら、一緒に洋服を買いにいってあげてコーディネートを手伝ってあげるなどでフォローしてあげましょう。
男性は女性が思っているよりプライドを重視しています。他人と比べたり、男としての価値がないといった発言は彼の心を傷つけるNGワード。付き合いが長くなってなんでも言い合える間柄になっても、「親しき仲にも礼儀あり」を忘れないようにしたほうがよさそうです。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事