2020.11.04

婚活はいまの自分を変えること・婚活は日常のなかにもこんなにあった!

婚活が思うようにいかないのであれば、もっと人間関係を広げることが大切です。そのためにはいまの行動をできるだけ変えてみましょう。婚活アプリなどで婚活しているからいいというものではありません。日常のなかで簡単にできる婚活を意識的にどんどん実行しましょう。
 
「婚活アプリで婚活しているのにぜんぜん運命の人が見つからない」「合コンも参加しているのに思ったような相手と出会えない」というようなことを聞きませんか。でも婚活はひとつやっておけばいいというものではありません。縁はどこにあるか分からないものです。
とはいっても婚活アプリをやり、結婚相談所にも登録し、婚活パーティーにも参加するなんていくつも頑張ってしまうと婚活疲れになってしまうことも。そのため婚活市場を利用するのは、自分に合っていると思うものをひとつ行えば十分ではないでしょうか。あとは日常のなかでできることをやっていきましょう。
日常のなかで行う婚活の基本は「いまの自分の生活を変える」ということです。いまと同じことをやっていたらいまのままです。いまと違う出会いを求めるならいまと違うことをしましょう。いわゆるルーティーンを崩すことこそ、新しい人間関係を広げるチャンスなのです。日常のなかにもチャンスはたくさんあります。
 
いつも食事などで立ち寄るお店はきっと慣れていると思いますが、意識的にいろいろなお店に行くようにしましょう。また会社の帰りにちょっと立ち寄るカフェなどもいつもと違ったお店にしてみませんか。新しい出会いがあるかも知れません。
 
いつも乗っている電車やバスなど少しずらしてみましょう。それだけでも出会う顔ぶれが変わります。こんな小さなことからもいまと違った行動をとるようにしましょう。
 
習い事は新しい人間関係を構築するチャンスです。同じことを学んでいる人たちには仲間意識もあり仲良くなりやすい環境です。できれば女性ばかりのレッスンより男性もいるレッスンのほうがいいかもしれません。
レッスンで出会った男性とは縁がなくても、そこで友達になった女性からの紹介で出会いがあることも。このように習い事では直接男性と出会うだけでなく、人間関係を広げることが大切なのです。
 
区役所や市役所のホームページなどにはボランティア募集コーナーもあります。休日などには河川のゴミ拾いなどいろいろなボランティアがあります。ボランティア精神豊かな人達が集まります。このように人の集まるところに意識的に参加することもおすすめです。
 
ネット中心にショッピングをしている人は、リアルショップに行くことで外出が増えます。やはり外出を増やすとチャンスも増えます。またリアルショップでのショッピングも、ちょっといつもと違った街へ行ってみるなど外出の範囲を広げてみましょう。
 
友人だけでなくちょっとした知り合いにでも、婚活中であることを伝えるようにしましょう。あまり期待できないと思える人にも、できるだけ広範囲に伝えておくようにすると、意外なところから紹介がある場合も。また真剣にお願いすることで、相手の気にかけてくれる思いも違ってきます。
 
婚活はとにかく人間関係を広げることが大切です。人との縁はどこにあるか分からないので、こんなことをしてしょうがないとか、この人に頼んでもしょうがないと決めつけずに、できるだけ細かくいまを変える努力をしてみましょう。
(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事