2020.11.05

通話が好きな私と、通話嫌いな彼氏。対処法はある?

通話が好きな女性もたくさんいるでしょう。

寂しいときは彼氏と連絡して、心を満足させたいものです。
しかし男性の中には通話があまり好きではないという人も多いです。

もしもそのようなふたりが付き合えば、通話が好きな彼女と通話が嫌いな彼氏で揉めることが多くなってしまいます。

実際にそれが原因でケンカしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

通話が好きな女性は、彼氏と通話できないことが辛くて仕方ありません。

それを考えれば、彼氏に通話をしてもらうしか方法がないのですが、そのためにはどのような対処法を取れば良いのでしょうか。
彼氏がなかなか通話してくれないのは、時間を消費したくないからでしょう。

女性は通話をしながらも、他のことをできるマルチタスクの能力があります。

しかし男性は1つのことをしていると他のことができない、シングルタスクであることが多いです。

そのため、通話をしていると他のことができず、せっかくのフリーな時間で休むことができません。

けっして彼女と通話する時間を無駄だと思っているわけではありませんが、彼氏も仕事で疲れているため、ゆっくり休みたいものです。

だからこそ、どのタイミングでも返信ができる、トークやメールでの会話を好むのです。

彼氏がこのような理由で通話を嫌っているのですから、どうしても通話をしたいのであれば対応してあげましょう。

通話をするタイミングと、どれくらいの長さ通話するかを事前に決めるのです。

こうすることにより、彼もその時間を確保し、集中して通話できるようになります。そのため、通話をOKしてもらいやすくなるのです。
通話が嫌いな彼と通話をしたいのであれば、彼にとって通話を好きなことにするという方法もあります。

しかし通話が嫌いな彼を、いきなり通話好きにするのは難しいです。

そこで彼に通話をすることで得られるメリットを与えましょう。

男性にとって好きなことといえば、やはり性に関することです。

そのため、通話で彼の性を満足させてあげれば、彼も喜んで通話するようになります。

通話しながらイチャイチャする言葉をかけても良いですし、恋人なのですからテレビ通話で見せ合うというのも良いでしょう。

ただし、彼がテレビ通話している様子を録音し、別れた後にそれが問題になるということもあります。

リスクのある方法ですので、そこはしっかり自分で判断してください。

あなたがそれで満足できるのであれば、彼氏にしゃべらなくてよいと伝えるというのも1つの対処法です。

マルチタスクができない男性は、会話をすることで頭を使うため、他のことができなくなってしまいます。

しかししゃべらなかったり、「うん」と言うだけの相槌であったりすれば、そこまで頭を使いません。

そのため、通話するときはあなたがとにかくしゃべるようにして、彼氏には家事をしながらでも聞いてもらいましょう。

そうすれば、彼は時間を消費しなくて済むため、通話もしやすくなります。
通話が嫌いな彼氏であっても、その方法を工夫すれば、付き合ってくれることが多いです。

通話嫌いとはいえ、大好きな彼女のお願いですから、それほど迷惑にならなければ多少のことは我慢してくれるでしょう。

そのため、彼氏がやりやすいように通話の仕方を変化させて、彼氏もあなたも満足できる連絡の取り方を編み出しましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事