2020.11.05

血液型占いと星占い!どっちがあたる?

合コンで盛り上がる占い。中でも血液型占いと星占いはテレビでも目にする機会があり、合コンでも定番の話題になっています。

血液型占いと星占いでは、どちらがよりあたるのでしょうか。恋愛の相性なら星占いで、結婚となると血液型占い?

今回は、占いにまつわる禁断の疑問に迫ります!
血液型占いとは、人間を血液型別にカテゴリ分けし、それぞれの血液型ごとに共通する性格傾向を分析する占いです。

「A型は神経質で几帳面」、「B型はマイペース」、「AB型は天才肌でミステリアス」という風に、4つのタイプにあてはめる血液型占いはシンプルでわかりやすく、初対面の場でも気軽に盛り上がれます。
日本ではブームになるほど広まっている血液型占いですが、実は、海外ではほとんど浸透していないんです。

そもそも、欧米などでは自分の血液型を知らない人も多いため、血液型占いなんて言われても「何だそりゃ?」という感じのようです。

外国人の彼氏に血液型占いの話をしても、キョトンとされてしまうかもしれませんね。
すでに言われているように、血液型占いには科学的根拠はありません。

くわしい解説は専門的になるので省略しますが、おおざっぱに言うと、血液型とは赤血球の免疫システムの違いのことで、性格や行動パターンにはまったく関係ないんです。

その意味では確かに「血液型占いは根拠がない」と言えますが、それでも何となく信じてしまうのが占いの力なのかもしれません。

ちなみに、O型は正式には「オー」ではなく、どの赤血球にも反応を見せないという意味でのゼロ、という見方が正解ですので、豆知識としておさえておきましょう。

星占いは星座占いともよばれ、生まれた月と星座を結びつけて、おおまかな運勢を分析する占いです。日本では牡羊座から魚座までの12星座占いが主流ですが、へびつかい座を含めた13星座占いも人気です。

星占いでは仕事運や金運のほか、星座同士の相性を占うこともでき、初対面の男性とも星占いをすることで会話が盛り上がりますし、ふたりの相性も知ることができるので距離感もぐっと縮まります。
血液型占いと星占いはそれぞれに特徴があり、どちらがあてになるか、という話ではありません。

シンプルな血液型占いはわかりやすく、結果もある程度わかっているため、飲み会や合コンなど、初対面の場でもしっかり盛り上がれます。

一方、星占いでは全体的な恋愛運だけでなく、星座同士の細かい相性も占うことができるので、「気になるあの人との将来が気になる!」という時にさりげなく話題に出すといい雰囲気になれるかもしれません。

ただ、外国では占いの文化そのものが浸透していなかったりするため、相手を見ながら話題を選びましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事