2020.11.05

あえてのアナログ!手紙でアプローチする効果!

LINEやメールでのコミュニケーションがあたりまえですが、そんな時代だからこそ、手紙でのアプローチのほうが意外とキュンときたりします。

LINEやメールとは違って、手紙にはどのような魅力があるのでしょうか。

気になる彼に手紙でアプローチするコツについてもシミュレーションしておきましょう。
メールやLINEのほうが便利な今の時代だからこそ、アナログな雰囲気ただよう手紙には男性を胸キュンさせる効果があります。

片想いの彼を胸キュンさせる、効果的な手紙の書き方について見ていきましょう。
気になる彼を胸キュンさせたいなら、メッセージは簡潔にまとめましょう。

ラブレターというと、ついつい彼への想いが先走って気持ちを一方的に伝えてしまいますが、受け取る側はダラダラした印象を受けてしまいます。

相手に「好き」という気持ちをしっかり伝えるのが目的ですので、メッセージをびっしり書くのではなく、読みやすさを優先しましょう。
メッセージは短く簡潔にまとめるのがラブレターの基本ですが、文字はていねいに時間をかけて書きましょう。

どんなに感動的な文章を書いたとしても、字が汚ければそれだけで幻滅されてしまいます。

字があまり上手ではなくても、丁寧に書けば気持ちは伝わります。「字が雑=性格もガサツ」というイメージにつながってしまいますので、下書きを何枚か用意するなどして、事前に練習をしておきましょう。
突然手紙をもらうと、男性としてはやっぱりびっくりします。手紙となるとLINEやメールと違って「いつでもどこでも読める」というわけではありませんので、読むのにもそれなりの時間がかかります。

手紙の最初で「突然のお手紙、すみません」という挨拶を書いておくことによって印象もやわらかくなります。

時間をかけてラブレターを書いたら、彼氏に直接渡しましょう。

「恥ずかしくて直接渡すなんて無理!」と思うかもしれませんが、直接渡されたほうがラブレターの効果は絶対にアップし、どんな男性でも胸キュンしてしまいます。

ロッカーやデスクに手紙をそっと置いておく、という方法もありますが、忙しい場合は気づかれないこともありますし、気持ちが100%伝わらない可能性もありますので、恥ずかしくても勇気をもって直接手紙を渡すのがベストです。
便利な時代になったからこそ、手紙へのアプローチが効果を発揮します。

彼への気持ちが強いほどラブレターを直接渡すのが恥ずかしいかもしれませんが、手紙だからこそ伝わる気持ちもありますので、どうしても振り向いてほしい彼には思いきって手紙を書いてみましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事