2020.11.09

彼が時間を守ってくれない!こちらができる改善策は?

楽しいデートなのに彼がいつも時間を守ってくれない。

いつも待ち合わせ場所に先についてしまうのはこちらの方。

彼は全然反省していない。
時間に遅刻してくる人は繰り返しますよね。

今回は彼が時間を守ってくれない時の、改善策をご紹介します。
こちらができる改善策だけをご提案しますので参考にしてみてください。
こちらができる改善策として、一番手っ取り早く効果的なのが待ち合わせ時間を10分早く言うことです。

こちらが待たされるのが腹が立つのなら、相手を待たせてしまえばいいという考え方です。

30分早く言うと彼を長く待たせてしまうかもしれませんが、10分なら彼が遅刻してきたらちょうどいい頃にあなたもつくでしょう。

待ち合わせ時間を10分早くいう場合は、彼に本当の時間を悟られないようにしましょう。

いつも人を待たせていることを意識させ、彼にも人を待ってもらいましょう。

時間にルーズな人は、あまり待たされた経験がないのかもしれません。
自分も待つ立場になることで、待たされる人の気持ちが分かるかもしれませんね。
彼はあなたの優しさにちょっと甘えているのかもしれません。
遅刻したら彼のことをきちんと叱りましょう。

時間を守らない人は、そのこと自体にあまり罪悪感を持っていません。

人を待たせることをあまり悪いと思っていないので、平気で繰り返してしまうのですね。

あなたが一番身近にいる人として、ちゃんと怒ってあげることで彼も反省することでしょう。

ちゃんと叱るときは、感情的に彼を攻めるのではなく、論理的に人を待たせることについてのデメリットを話しましょう。
彼が待ち合わせ時間に遅刻したら、罰ゲームを設けるようにするのも一つの方法です。

1回遅刻するにつき、飲み物一回をおごるなど被害は大きくならないように、しかし地味に嫌なものを選んでください。

あまり大きな金銭が関係してくると、二人の中にも亀裂が入るようになるかもしれないので、要注意です。

遅刻したらキスなど可愛らしい罰ゲームにすると、あまり効果がないかもしれませんね。 

最終手段としてこちらが割り切ってしまうというのも一つの手ですよ。

遅刻したとしても、別に支障がない場合は彼を許してあげましょう。

しかし映画など時間が決まっているものに対しては、やはり遅れるのはよくないので説明して分かってもらうことが大切です。
遅刻をする人は罪悪感がないことが多いので、まずはしっかり怒ることが大切です。

あなたが嫌だということをちゃんと伝えているのに反省しない彼は、もはやくせになっています。

その場合は10分早く待ち合わせ時間を伝える方法で、彼を待たせてしまいましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事