2020.11.09

失恋してしまったときの立ち直り方

いろいろな経験を重ねていくと、その中で失恋をしてしまうこともあるでしょう。

失恋はなにも悪いことでは無いのですが、単純にとても悲しいですよね。
落ち込んでしまって立ち直れないこともあるでしょう。

今回は失恋してしまったときの立ち直り方についてご紹介していきます。
ゆっくりあせらず回復していきましょう。
まずは悲しいことがあったら、思いっきり泣くというのは基本です。

思いっきり泣いていたら、涙と一緒にストレスが発散できるというのは研究結果でもはっきりしています。
一人きりの部屋で思いっきり泣けばその後不思議とすっきりしてきますよ。

ただ周りの人に心配をかけないように「今から泣くからしばらく放っておいてね」と一言断るとさらに良いでしょう。

特にご両親と同居している人は、娘が部屋に閉じこもりきりになったら心配するものです。必要のない心配をかけないように先にちゃんと言っておくのも親孝行ですね。
好きなだけ泣いたら、その後は好きなだけ眠りましょう。
たくさん眠る事は、体力もメンタルも回復する1番良い方法です。

うまく眠れないという人は、アロマの力を借りましょう。アロマオイルをディフューザーに数滴たらし、電源をつけて部屋を暗くして布団に入ります。

うまく眠るためには環境も大切です。自分がどんな環境なら眠れるのか研究しておくのも、落ち込まずに済む1つの方法ですね。耳栓やアイマスクなども気持ちよく眠るために効果的ですよ。
いくら気持ちが落ち込んでいるからといって、絶対にやってはいけないことがあります。
それは他の男性で寂しさを埋めることです。失恋して落ち込んでいる時期は、判断能力が鈍っています。

ただでさえ寂しい時なので、いろいろな男性にすぐについていってしまうこともあります。それで危険な目に遭ってしまうと言うこともあり得ます。

あなた自身を大切にするためにも、他の男性で寂しさを埋めるという行為は絶対にやめておきましょう。
好きな人にフラれたら、落ち込んでしまうのは自然な流れです。落ち込んでしまったことに罪悪感を持たずに、自然に立ち直るまで無理をしないというのも大切な心がけですね。
どんなにひどい失恋をしたとしても、必ず良い男性が見つかります。絶対に立ち直ることができるので、諦めずに焦らずに自分を大切にしましょうね。

(ハウコレ編集部)

関連記事