2020.11.10

意外といい!?お見合い結婚のメリット5つ

あなたは、お見合い結婚に対してどのようなイメージを持っているでしょうか。「好きな人と結婚できないなんて嫌」とか「結婚相手を勝手に決められるなんてありえない!」と思う人もいるでしょう。しかし、お見合い結婚は悪い面ばかりではありません。むしろ、メリットもたくさんあります。

そこで今回は、お見合い結婚のメリットを5つご紹介していきます。恋愛結婚以外にも目を向けてみたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。
恋愛をしてから結婚したい場合、相手に結婚の意思や結婚願望があれば、問題なく結婚まで結びつくでしょう。しかし、仮に相手に結婚願望がなかったり、結婚はまだいいかなと思っていたりした場合には、あなたが結婚を望んだところで、なかなか話は前に進みません。

その点、お見合い結婚の場合は、お互いに結婚の意思があることがほとんどなので、「彼氏が結婚を考えてくれない」と悩む必要はないでしょう。結婚願望が強い人にとっては、お見合い結婚の大きなメリットだといえます。
お見合いの場合、ある程度は相手の情報を予め手に入れることができます。外見はもちろん、職業や年収、家族構成など、初対面では聞きにくいことでも、仲介人などを通じて知ることができるのです。

条件の面でミスマッチを防ぐことができるため、自分の希望に合った条件の異性と効率的に出会うことができるのです。結婚相手に求める年収などの条件が明確に決まっているという人は、お見合いのほうが結婚への近道になるかもしれません。
多くのお見合いでは、仲介人がいます。また、お見合いの場には両親が立ち会うことも珍しくありません。そのため、しっかりとした身元が保証されているというメリットがあります。身元がはっきりとしていれば、実は妻子持ちだったというようなあり得ない事態にはなりにくく、両親から反対される可能性も低くなります。

結婚後に借金が発覚したとか、実はバツイチだったことが明らかになるということは極めてすくないため、ローリスクで結婚できるでしょう。
恋愛結婚では、しばしば結婚することがゴールになってしまうことがあります。そうなると、結婚前はあんなにラブラブだったのに、結婚したら刺激が全然なくなったという事態に陥ってしまうのです。

しかし、お見合い結婚の場合は、結婚はゴールではなくスタートという認識のほうが強くなります。これからふたりで協力して歩んでいこうという絆が結ばれやすいため、結婚後の生活が上手くいくのは、意外とお見合い結婚のほうかもしれません。
お見合い結婚の場合、結婚を前提としているため、恋愛の駆け引きが必要ありません。メッセージの返信をわざと遅らせてみたり、気のある素振りはしても明確な言葉にはしなかったりするなどの恋愛特融の煩わしい駆け引きは、お見合い相手にはしないことがほとんどです。

駆け引きなどせずに、真っ直ぐ相手に向き合いたいという人や、駆け引きは面倒くさいという人は、お見合い結婚のほうがストレスなく話を進められるでしょう。
「お見合い結婚では、好きな人と結婚できないから幸せになれないのでは……。」と懸念していた人も、この記事を読んで、お見合い結婚のイメージが変わったのではないでしょうか。

恋愛結婚には恋愛結婚のよいところがあるように、お見合い結婚にもお見合い結婚のよいところがあります。変に敬遠するのではなく、お見合い結婚にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事