2020.11.11

お互いに好きなのに上手くいかなくなるカップルの法則

お互いに好きな気持ちがあるとわかっているのに、なぜかいつも気持ちがすれ違ってしまうカップル。

些細なことで衝突してしまったり、上手く自分の気持ちを相手に伝えることができなくなってしまったりすることもあります。

この記事では好き同士なのに上手くいかないカップルの法則と、ふたりの関係を修復するためにできることについてお話していきます。
まだ全然彼のことが好きだし、本当はもっと仲良くしていたいのに、なぜか上手くいかない。

そんな状況が続いてしまえば、果たしてこの恋愛に意味はあるのか、別れたほうがお互いに幸せになるのではないかと不安になって当たり前です。

いくら言葉では彼があなたのことを好きだといってくれても、あなたの心が満たされない限りこの悩みは続いてしまうのです。
付き合いたてのころは、お互いに相手のことをいつも最優先に考えて行動していたのではないでしょうか。

とくに男性の場合は、せっかく手に入れた彼女のためにと、どんなさ些細なことでも気にかけて、接してくれていたはずです。

しかし、だんだん付き合いが長くなると、その気遣いができなくなることが増えます。

そのうちいくら訴えても、面倒くさいからとだんだん彼女に向き合うことをしてくれなくなるのです。
好きなのに上手くいかないカップルは、片方が相手と向き合うために頑張ったとしても意味がありません。努力も虚しく、必ずぶつかります。

ちゃんとぶつかって関係を改善したいのに、なぜかいつも会話も平行線。

次第に話し合いではなく、負の感情のぶつけ合いになってしまい、お互いを深く傷つけるようになってしまうのです。
なぜ、ふたりはこんなにもすれ違ってしまうのでしょうか。それはもしかしたら、もともとお互いの価値観がまったく違っていたのかもしれません。

それをどちらか、一方的に合わせることによっていままでのふたりの関係が保たれていたのです。

これは長く付き合っているカップルには、よくある話でもあります。

合わせていたほうが、相手に合わせる努力をしなくなってしまったことと、合わせてもらっていたほうが、相手に合わせることをしてこなかったことが原因です。
好きなのに上手くいかなくなってしまったカップルは、一度距離を置いてみることをおすすめします。

もしあなたがいま好きなのに上手くいかない恋に苦しんでいるのであれば、少しの間恋人と会うのをやめてみてください。

会わない間に、お互いがいない生活を普通にしてみることが必要です。

いままで当たり前にあったものがなくなったとき、人はその大切さやありがたさを理解します。そして、お互いがもう一度思いやりをもてるようになれば、関係は再生できるでしょう。(片貝まや/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事