2020.11.10

なんだか寂しい…!彼から「愛情を感じなくなった」こと3つ

最近彼とスキンシップも減ったし、彼から愛情を感じることができなくなってしまった……と思うときがあるのではないでしょうか?

まだ彼のことが好きだからこそ、どうしていいのか分からず、彼の本音を聞く勇気もなくて困ってしまっていることでしょう。

彼から愛情を感じなくなったと思う3つのことを思い返して、対処法を一緒に見ていきましょう。
彼と付き合ったばかりのことは、キスなどスキンシップもたくさんしていたのに、最近ではキスもしなくなってなんだか悲しい……と思っているのではないでしょうか?

もちろん好きだからこそスキンシップを取ることもありますが、関係が安定してきてスキンシップを取る回数が減ってくることもあります。

もし彼とデートすることができていて、定期的に会っているようであれば、スキンシップが少なくなっても問題ないと言えるでしょう。
デートと言えば彼との時間をひとり占めできる大切な時間ですよね。
もちろんデートの時間で愛情をはかるのは危険ですが、どうしても物理的な部分をみて愛情を感じる女性も多いですよね。

デートも予定を後回しにして、ほかの予定を優先するようなことがあると、「私なんて後回しの存在なんだ」と落ち込んでしまうことでしょう。
本当に会いたかったら、デートの予定なんて後回しにしないで、一緒にいる時間を作ってくれてもいいじゃん!と思ってしまいますよね。

デートの予定を後回しにしてしまうのはふたつの理由があり、ひとつはあなたのと関係が安定していて、ちょっとわがままを言っても問題ないと思っているケース。

ふたつめに、気持ちが冷めていて後回しにしてしまうケース。気持ちが冷めている場合はデートの代替えをしないので、気持ちが冷めているのがよくわかります。
いままでお泊まりデートをしていて楽しい思い出をたくさん作っていたのに、最近はお泊まりデートをしない……なんてことも少なくありません。

お泊まりデートをしなくなったのも理由がふたつ。
ひとつは彼の家庭の事情でお泊まりすることが難しくなった場合。ご両親の体調が悪くて何かあったときにすぐに駆け付けられる状態でいなければならないことも。

ふたつめはお金がなくてお泊まりデートが難しくなっている場合。彼女に「お金がないからお泊まりできないんだ」と言える男性はとても少ないので、理由が分からずにお泊まりデートがなくなっているように感じてしまいますよね。

お泊まりデートをしなくなった場合は、気持ちが冷めたと感じやすいですが、彼が大変な思いをしていないか確認するのも大切でしょう。
彼から愛情を感じられなくなったのは、本当に愛情がなくなっている場合もありますが、彼のなかでいろいろな問題を抱えている場合もあります。

彼女だから言えそうで言えないこともあるので、すべてを受け止める覚悟で彼の気持ちに寄り添ってみるのもアリでしょう。

好きだからこそ不安になることもあるので、彼に聞いてみる時間を作ってみてはいかがでしょうか?

(ハウコレ編集部)

関連記事