2020.11.12

モテないのには理由がある!下品な女性によくある特徴4つ

特別美人というわけではないのに、不思議と高スペックな男性ばかりからモテる女性がいますよね。
こうした女性は、総じて上品さと教養を兼ね備えているもの。

反対に、見た目がよかったとしても下品で粗雑な女性はモテにくいでしょう。
本命としては見てもらえず、遊び相手として軽く扱われてしまうことも少なくありません。

そこで今回は、下品な女性によくある特徴を4つピックアップして解説しています。女性としても一人の人間としても魅力的な存在になるために、反面教師としてチェックしてみてくださいね。
上品な女性は礼儀正しく思慮深いため、他人を不快にさせるような言動はしません。
裏を返せば、下品な女性はマナーがないということ。

電車やバスといった公共の場所で平気でメイクをしたり、大声で電話をしたりして、平気で他人に迷惑をかけるのです。

自分がどう見られているのかを客観視できず、周囲の人に対する思いやりや敬意が欠けているからでしょう。

またマナー違反を指摘されると反省するどころか「何が悪いの?」と逆ギレすることも……。
自分の非を素直に認めることも、マナーのない言動を改めることもしません。
どのような言葉を使うかによって、人の印象は大きく左右されるもの。
たとえば「静かにしてくれる?」ではなく「うるせーな」「黙れよ」といった乱暴な言葉を口にする女性は、品がないと判断されてしまうでしょう。

このような言葉ばかり使っていると、フォーマルな場でもつい下品な物言いをしてしまいかねません。

言葉遣いが悪いと性別・年齢問わず悪い印象をもたれてしまうので、普段から品のある話し方や言葉選びを心がけたいものです。
外見を綺麗に取り繕っていても、悪口や愚痴などネガティブなことばかり話題にしていると品のない人だと思われてしまうでしょう。

自己顕示欲が強く、自分以外の女性が褒められているのを耳にするとついその女性をけなすようなことを言ってしまうのも下品な女性によくあるケース。

また、TPOをわきまえずに平気で人前で下ネタを口にすると、人から敬遠されやすくなります。
「自分が着たいものを着る」という考えは素敵ですよね。
ですが、周囲が目のやり場にこまるような恰好をするのは考えものでしょう。

あまりにも肌の露出が多いと、セクシーではなく下品という印象をもたれてしまいます。
また、周囲から「軽そう」「すぐに付き合えそう」と一方的にレッテルを貼られてしまうことも……。
素敵な男性から愛され、また周りの人から大切にされる女性になりたいのであれば、内面を磨いて品格を身につけることが必要です。

ただ、上品さは一朝一夕で身につけられるものではありません。
普段から自分の言動に気を付け、他人への思いやりやマナーを欠かさずに心がけてみましょう。

そうすれば、内面の美しい素敵な女性になれるはず!
(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事