2020.11.12

そのアピール方法ちょっと待った!好きな人にしがちな間違ったアピール方法とは

片思いをしているときって、なんとかして自分の気持ちを伝えようと行動しますよね。
でも、そのアピール方法間違えていませんか?

実は、片思い経験者のほとんどがしたことがある、間違ったアピール方法というのがあります。
そこで今回は、みんなが経験した間違った好きアピールについてご紹介します。
好きだという気持ちを伝えたくて、相手に会うたびに好きだと言ってしまうこともありますよね。

自分の気持ちを伝える手段としてはいいのですが、あまりにも頻繁に言いすぎると逆に嫌われてしまうかも。

しょっちゅう好きだと言われていたら真剣みが欠けてしまいます。
そのため男性にも、挨拶のような感じで受け取られてしまうのです。

相手に気持ちが届かないばかりか、しつこくてうるさいと避けられてしまうかもしれません。
片思いの人が近くにいると、なんとか自分に気づいてもらおうとしてついつい大きな声で話してしまうことありますよね。

少しでもこっちを気にしてほしいと思ってやってしまいがちなこの行動、マイナスの印象を与える可能性大です。

大きな声やオーバーリアクションなどをする女性は、「騒がしい女性」だと思われます。
男性はうるさい女性のことが好きではありません。
あなたがついやってしまったアピールが彼に嫌われる原因になってしまいます。
谷間の見えるような服やミニスカートで彼の気を引こうとしたことはありませんか?セクシーな女性のことが好きな男性は多いです。
しかし、大きな胸やくびれたウエストに魅力を感じるという男性の意見を信じてしまっては危険です。

男性のセクシーな女性が好きというのは憧れのようなものです。
ほとんどの男性は付き合うなら清楚な子と付き合いたいと思っています。
そのため、セクシーな服装をするほど彼女候補から外れてしまうことになります。
自分から動かずに相手と接近するチャンスを逃しているうちに、相手に彼女ができてしまったという経験がある人も多いのではないでしょうか。
気になる彼が自分に話しかけたりよくしてくれるなんてのは、ほとんどが頭の中だけの妄想で終わってしまいます。

恋愛に奥手な男性も増えてきています。
自ら動かなければ、好きな人の目にあなたが映ることなく終わってしまいますよ。
間違っているアピールをしたことあるという人もいたのではないでしょうか。
恋愛中はいつもと違った行動を取ってしまうものなので、仕方ないと言えば仕方ないです。

しかし、現在彼に間違ったアピールをしている人は今すぐやめましょう!
そうすれば、彼と付き合える日が来るかもしれませんよ。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事