視線でバレバレ?

2020.11.14

視線でバレバレ?相手の視線で分かる恋愛心理

目は口ほどにものを言う、という言葉がある程、人の視線には心理が働くと言われています。

好きな人と目が合う回数が増えた、けど視線を送ったらすぐに目線を逸らされてしまった、という何だか少々モヤモヤするような視線には、実は恋愛心理が働いているのをご存知でしたでしょうか。
目は口ほどに物を言うという言葉があるとおり、目というのは顔や言葉で表さなくても喜怒哀楽を伝えることができます。これは恋愛心理にも利用され、目の視線の動きやまばたきなどで自分の意識を相手に伝えることができます。

視線で相手の心を掴んで、視線で相手を意識させて、視線を恋愛に利用することで今の恋愛が今よりも発展する可能性があるのです。
お互い話をする際目を見て話しますが、好きな人との会話をする場合、じっと相手に視線を送ります。真剣に相手に視線を送ってくるということは、もっと相手と仲良くなりたい、話がしたいという気持ちが表れています。

もし好きな人と話をしていて、じっと視線を送られるようなことがあれば少なからず意識されていますので、自分から話しかけることで関係が進展する可能性があります。

他にも、気になっているけど自分からは話しかけることができず、少し慎重になっており視線を送るだけで自分から離しかけてこない人もいます。
目が合っても、すぐに逸らされてしまうのには理由があります。それは相手のことが好きで見ているけど好きという感情は相手にバレたくないという意識が働き、相手と目が合ったらすぐに目を逸らすのです。

他にも見つめていたことが相手にバレたら、気持ち悪いなどの不信感を与えてしまうかもしれないという不安から、目が合ってもすぐに目を逸らしてしまうこともあります。
気付いたら好きな人をついつい目で追っていたということはありますか?好きという気持ちが大きすぎてしまい、自分自身でも気付かないうちに好きな人のことを無意識のうちに見つめてしまっていたり目で追いかけてたりしてしまうのです。

シャイな人は特にこういった行動をすることが多いので、自身に向けられている視線に少し意識を向けてみるといいでしょう。
視線は恋愛テクニックでも利用することができます。目は口ほどに物を言うという言葉があるとおり、表情や言葉で表さなくても目だけで自分の考えや思考を伝えることができます。

もし気になっている人がいたら、視線のテクニックを使ってみてはいかがでしょうか。
(ハウコレ編集部)

関連記事