2020.11.16

意識しすぎちゃう!好きな人の前で【自然体でいられる】方法って?♡

好きな人は、自分にとって特別な人です。
そのため、意識するのは当然のことであり、意識しないほうが難しいでしょう。
しかし、意識するあまりに自分らしさを失うのは恋愛にとって不利になります。

「いいところを見せたい!」「惚れさせたい!」と思えば思うほどかまえてしまいませんか?
そんなあなたに向けて、好きな人の前でも自然体でいられる方法についてご紹介します。

男性は、飾っていない自然体の女性にひかれる傾向にあるため、自分らしさを忘れずに恋愛をしていきましょう!
好きな人を避ける好き避けは、やってしまう行為です。
しかし、好きな人と話せるチャンスを逃す原因になったり、自分のいいところを見せられなくなる原因になったりといいことがありません。

好きな人もあなたに対して「自分のこと嫌いなのかな?」「態度が悪いな……。」という気持ちが出てきてしまいます。

避ければ避けるほどどうしていいか分からなくなるため、恥ずかしくても避けずに好きな人とコミュニケーションを交わしてください。
好きな人が近くにいることで胸がドキドキして、視線が定まらなくなりませんか?
心に余裕がなくなっていっぱいいっぱいになることでしょう。

しかし、あまりに緊張しすぎると自然体でいられなくなります。
深呼吸をしたり、目を閉じて数を数えたりしながら頭の中で余裕を持つことを意識してください。

「大丈夫。いつも通りに」と思うだけで意外と好きな人の前でも自分らしくいられるようになります。
注意したいのが、意識しすぎると後悔する可能性があるということです。
「あの時避けずに話せばよかった……。」「私の態度が悪くて嫌われたかもしれない...…。」と思うことがありませんか?

後悔すると、次に好きな人に絡むまで長くそのことを引きずってしまうでしょう。そのため、「自然体のほうが後悔しない!」「恥ずかしくてドキドキするけどいつも通りでないと後悔する……。」と思って行動してください。

後悔することが分かっていれば、後悔しない行動をとることができます。つまりは、いつもの自分に近づけるということです。
好きな人には過剰評価されたいと思う気持ちが当然あるでしょう。
しかし、見栄をはってしまうと好きな人にあなたのいいところは届きません。

「見栄をはるなんてみっともない」「見栄をはるところが気になる」と思われる可能性もあります。見栄は意外とバレやすいので気を付けてください。
今の自分で勝負することが一番美しくてあなたの魅力が高まると思うといいでしょう。
好きな人の前で自分らしく自然体でいるのは実は難しいことでもあります。
しかし、あなたの魅力を伝えて好きな人とカップルになるためにも自分らしさを忘れないでください。

(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事