2020.11.16

面倒見がよすぎてもダメ!男性が理想とする【尽くす女性】とは?

男性の理想としてあげられるのが、尽くしてくれる女性ということですが、実際に尽くすといっても行きすぎた尽くし方は男性が引いてしまいます。

そこまでしなくてよいのに、と思わず考えてしまう男性には理想の尽くし方があるようです。
では、どんな尽くし方が男性にとって理想なのかお伝えします。
できないことだけ手助けをしてあげるということは、とても彼自身助かりますが普段から手助けばかりしているのはあまりよいということはないのです。

どうにもならない時にだけ助けると彼も感謝しますが、そこまで困っていないことに対しても手助けしてしまうとしてもらって当たり前だという感情になってしまうからです。

彼にあなたの手助けを当たり前だと思われてしまったら尽くす女性ではなく、都合が良い女性になってしまうかもしれません。
きっと彼にとってもよい結果を生まないのです。
彼が疲れている時というのは、目で見てわかるはずです。
疲れている彼に対して、身の回りの世話をしてあげるというのはとてもありがたいことであり、彼からしても感謝しかないのです。

疲れているわけでもないのにしてあげてはありがたみを感じない人もいるのかも。
自分自身が疲れているからこそ、助けてもらった時の愛おしさも募るというものです。
苦手なことは誰にだって存在するものです
彼の苦手なことは、付き合いを重ねていくうちにおのずとわかっていきます。

彼が苦手だなと感じているであろうものに対してだけ手助けしてあげるだけで十分なのです。
苦手意識のある事に対する手助けは彼にとっても彼女のありがたみを感じる事ができるでしょう。
彼がお願いをしてきたときは、自分自身ではできないと判断したものということです。
お願いされたことだけ対応してあげれば、立派な女性ということがわかります。

男性はお願いすることを苦手とし、男性特有のプライドが邪魔するのです。
お願いするということは、本来頼みたくない男性が頼むということですから、とても大きいことなのです。
尽くすという行為は男性にとってありがたいことであるのですが、行き過ぎてしまうとよい付き合いができるとはいえないのです。

よい付き合いをする為に、二人にとってもちずもたれずの関係を持つべきです。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事