2020.11.19

ずっとそばにいてっ♡お互いが【相思相愛】でいる方法って?

彼とずっと側にいたい!

そう思い合ったものの、不安や嫌な障害物があったりと恋愛はスムーズにいかないものです。

相手にずっと好きでいてほしいと思うのは、当たり前の感情ですよね。

では、お互いが相思相愛でい続ける続ける方法はあるのか?解説していきます。
自分の気持ちばかり伝えていてもよい関係はうまれないものです。

ついつい彼がわがままばかり聞いてくれるからといって、それに甘えてしまい自分の意見ばかりという方は注意が必要です。

相手の気持ちを優先して考えてもらうことによって生まれるのは、信頼関係です。

この人だから安心できる、信用できると思えることが仲よく続く為に必要なことなのです。
相手にとって互いに好きは当たり前なのですが、言葉に出すのかそうではないのかは、非常に大きなことなのです。

好きと伝えることは、相手が付き合っている相手のため何のためらいも無く、言えてしまいそうですが実は当たり前すぎて照れくさいと感じる人もいます。

彼に好きと伝えることで、彼自身も改めて好きなのだと自覚します。
将来の事を相手に告げるというのは、ずっとあなたといたいという現れです。

ずっと好きだから一緒に居たいのだという気持ちが彼に伝わればどんな言葉を使用しても大丈夫です。

彼にとって愛してくれる人というのは、彼女以外いませんし、彼女にとっても当たり前のことなのです。

将来を告げる事で不思議と未来が見えていきます。
普段何気なく過ごす中で、彼に感謝はしているものの口に出していうことはないという方もいます。

自分の想いを彼に告げるということは、今後彼と過ごす為に大事なことなのです。

普段から彼に感謝をしていると思う方は、少し恥ずかしいかもしれませんが手紙で想いを伝えるのも心がこもって良いかもしれないです。

相手にとってそれだけで満足ですし、彼女のことを今以上に大切にそして愛情は増すばかりのはずですから是非チャレンジしてみる事です。

彼に好かれるということは、彼女自身も今まで以上に彼が大事になるということなのです。
全く違う人間が一緒にいるわけですから、多少のすれ違いやケンカがあっても不思議ではないです。

大事なのはどんな困難も二人で乗り越えられるのか?そして好きという感情を常にもっていけるのか?という点です。

大好きな彼に思われ続けるのは、女性側も男性を考え思い続けている結果といえます。

(ハウコレ編集部)

関連記事