2020.11.19

どうしよう!?【デート中のケンカ】で上手に仲直りする秘訣♡

デート中にケンカをしてしまったら、とても気まずい雰囲気になってしまいますよね。
周りが楽しんでいても、二人だけが何とも言えない空気が漂っていたら、まったく楽しめませんし、嫌な思い出だけが残ってしまいます。
 
そのようなことにならないためにも、できるだけ早めに仲直りはしたいものですよね。
そこで今回は、デート中にケンカをしてしまったとき、上手に仲直りするテクニックについてご紹介していきます。
 
ケンカが長引けば長引くほど、仲直りができる状況ではなくなってしまいますよね。
お互いにいつまでも意地を張っていては、余計に雰囲気が悪化し、それこそ仲直りをするタイミングを逃してしまうことになります。
 
そのような状況にならないためにも、すぐ自分から謝るようにしましょう。
まずは「ごめんね」の一言が言えれば、相手も謝ってくれるはずですし、雰囲気も良くなっていきます。
 
たとえ相手が悪いと思っても、自分から仲直りをしようと先陣を切れば、どうしてケンカになってしまったのか話せたり反省したりできますよね。
こうして自分から謝ることで、デートもまた楽しめるようになるでしょう。
 
もしドライブ中にケンカをしてしまったら、車内の雰囲気は最悪ですよね。
そんなときは二人の好きな曲や二人にとって特別な曲を流したりして空気を換えていきましょう。
 
曲を聴くことでお互いに気持ちがなごんでいき、謝ったり話ができたりするようになります。
また、テーマパークやショッピング中にケンカをしてしまったときなどは、アイスやクレープといった甘いものを買ってきて二人で食べながら気持ちを落ち着かせるといいでしょう。
 
このように、なにかしら仲直りのきっかけを見つけていくことで、仲直りができるようになります。
 
デート中にケンカをしてしまったら、落ち着いたカフェなどで話し合いをしましょう。
 
そのときに一方的に責めるような言い方をせず、「自分のこういうところを直すからここを直してほしい」といったように、自分にも悪いところがあれば直すように伝えることがポイントです。
 
すぐに改善していくことができれば、次からは同じようなケンカにはならずに済みますし、お互いに注意し合えれば、デートも楽しく過ごせるようになりますよね。
 
あまりひどくならないうちに話し合いができれば、ちょっとの時間ですぐ仲直りができてしまいますので、雰囲気も悪くならずに済むのではないでしょうか。
 
 
仲直りをするのに大切なことは、いつまでも長引かせないことです。
よほどのことがない限りたいていのケンカはちょっとしたことがきっかけで発展してしまっているので、すぐに話し合ったり謝ったりすることで解決できます。
 
せっかくのデートを台無しにしてしまうことがないように、意地を張らずに前向きに行動をして仲直りをしていきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事