2020.11.22

【好きな人と付き合えたのに…どうして?】恋人と長続きしない女性の特徴って?

 
彼氏ができて付き合い出したものの、なぜか長続きしない女性っていますよね。
 
何か原因があるのであればしっかりと次に向けて改善していきたいですし、何か自分では気づかない点がある可能性も考えられます。
 
今回は、そんな付き合ってもいつも長続きしない女性の特徴についてご紹介していきます。
 
当てはまるところはないか、ぜひチェックしてみてくださいね。
 
 
付き合うまでは振り向いてもらいたいと一生懸命自分をアピールしたり、積極的にデートに誘ったりすることもあるかと思います。
 
やっとの思いで付き合うことができた場合、もう話したくないといった思いから束縛が激しくなってしまう女性も中にはいます。
 
付き合うことができても、「離れてしまうのではないか」といった不安が常に心の中に合ったりすると、彼氏の行動すべてが気になりだしてしまうのです。
 
そのため、「仕事が終わったら連絡してね」とか「誰と飲み会に行くの?」や「何時に帰ってくるの?」などあれこれ聞いてしまいます。
 
もし連絡がなかった場合には、連絡がつくまで何度も電話をしたりメールを送ったりするので、次第に彼氏も疲れてきてしまうのです。
 
こうした束縛が激しすぎてしまうと、長くは続かないので信頼関係を築いていくように努めていくといいでしょう。
 
 
付き合い出したばかりのころは、恥ずかしい気持ちからなかなか自分を出すことができなかったりしますよね。
 
時間が経つにつれて自然と素の自分でいられるようになりますが、いつまでも彼氏に合わせすぎてしまう人もいます。
 
偽りの自分で付き合っていくと疲れてしまいますし、長続きはしないですよね。
 
彼氏に合わせてばかりでは、きちんと向き合うことができなくなってしまうだけではなく、信頼関係も築いていけないので、中身がない付き合いになってしまいます。
 
そうすると彼氏も気持ちが冷めてしまう場合がありますので、すぐに別れてしまうことにつながってしまうのです。
 
 
仕事終わりも休日も、常に彼氏と一緒にいなければ楽しめないという女性もいたりしますよね。
 
彼氏のことで頭がいっぱいになってしまって、仕事中でも連絡をしょっちゅうしてみたり、どんなときでも会いたがってしまうと、彼氏も嫌気がさして別れることになってしまう可能性が考えられます。
 
こうして彼氏に依存しすぎてしまうと、なかなか長続きはしません。
 
しっかりと自分の時間を持つようにしたり趣味を見つけることで、彼氏との時間も大切にしていけますし気持ちに余裕が生まれます。
 
彼氏もまた、心地よいと感じる付き合いができることで、あなたのことを大切にしてくれますので、依存しすぎないように注意しましょう。
 
 
しっかりと自分を出したり、依存しすぎることがないように心がけて付き合っていきましょう。
 
信頼関係を築いていきながら、お互いに大切にしていこうといった気持ちになれることで長続きしていきます。
 
もし心当たりがある場合には、もう一度自分を見つめ直して、これからも彼氏と長く付き合っていけるように努めていきたいですね。
(ハウコレ編集部)

関連記事